高速炉への保全学の適用
Application of maintenology to the fast reactor
仲井 悟
Nakai, Satoru
日本保全学会における高速炉保全のあり方に関する検討において、技術的側面での保全の在り方については、完全とは言えないまでも高速炉保全技術を確立するための道筋は明確になったと考えられる。この道筋を実証し、高速炉保全技術を確立するためには、プラントの運転・保守経験を積むことが肝要である。一方、保全対象設備や保全の方法が明確にされ、その保全に使用する保全技術が確立されたとしても、保全を実施するのは組織・人間であり、組織・人間系における能力の維持・向上、確実な行為の実施は保全においては不可欠である。保全能力の維持・向上については、組織的な教育・技術伝承の取り組みの必要性は軽水炉を含めて言われている。日本保全学会においては保全学の構築とその原子力発電設備への適用が設立の動機であり、保全の第二原則では「正しい保全」を的確に実施する、第三原則では保全における安全性と経済性の両立となっている。この原則を高速炉、特に原型炉に適用するための格好の機会と考えられる。
The road map to establish a fast reactor (FR) maintenance technology in the technical aspect became clear in the examination of the FR maintenance in the Japan Society of Maintenology (JSM). It is vital to acquire operation and maintenance experience of the plant to implement this road map, and to establish a fast reactor maintenance technology. On the other hand, even if components to be maintained are defined and the maintenance methods are established, improvement of the maintenance ability in the organizations and individuals, proper and reliable implementation of the maintenance are indispensable. To improve the ability for maintenance, the action of the organized education, training and technical transmission is necessary including a light water reactor. The examination of the FR maintenance technology is a good opportunity for the application of the maintenance principles established by the JSM to the FR.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 保全学
: 13
: 2
ページ数 : p.41 - 42
発行年月 : 2014/07
出版社名 : 日本保全学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20140092
抄録集掲載番号 : 42001007
論文投稿番号 : 14667
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This