異なる陸域解析モデルによる福島第一原子力発電所事故に起因する$$^{137}$$Cs流出率の比較
Comparative study on annual $$^{137}$$Cs discharge rates after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident from two distinct watershed simulation models
北村 哲浩; 今泉 圭隆*; 山口 正秋; 油井 三和; 鈴木 規之*; 林 誠二*
Kitamura, Akihiro; Imaizumi, Yoshitaka*; Yamaguchi, Masaaki; Yui, Mikazu; Suzuki, Noriyuki*; Hayashi, Seiji*
福島第一原子力発電所の事故に起因して福島の地表に降下した放射性セシウムについて、日本原子力研究開発機構と国立環境研究所で独立に開発した陸域解析モデルSACTおよびG-CIEMSを用いて、河川を通じて河口域に到達する年間流出率を解析した結果を比較検討した。対象河川は規模および流域の放射性セシウム沈着量を考慮し、阿武隈川、請戸川、新田川の3水系とした。その結果、モデルの構成内容や用いた仮定に異なる点があるものの、地表からの年間流出率は1%に満たないことが両モデルで試算された。
Annual discharge rates of radioactive cesium through selected rivers due to the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident were simulated by two different watershed models. One is the Soil and Cesium Transport, SACT, model which was developed by Japan Atomic Energy Agency and the other one is the Grid-Catchment Integrated Modeling System, G-CIEMS, which was developed by National Institute of Environmental Studies. We choose the Abukuma, the Ukedo, and the Niida rivers for the present study. Comparative results showed that while components and assumptions adopted in two models differ, both methods predicted the same order of magnitude estimates.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 環境放射能除染学会誌
: 2
: 3
ページ数 : p.185 - 192
発行年月 : 2014/09
出版社名 : 環境放射能除染学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20140184
抄録集掲載番号 : 42001332
論文投稿番号 : 14971
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This