福島第一原子力発電所事故に対する前兆事象の検討
Study on precursors to accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station
渡邉 憲夫
Watanabe, Norio
運転経験から教訓や知見を得て原子力施設の設計,建設,運転及び管理にフィードバックすることの重要性が認識されている。実際、多くの事例において、過去に発生した類似の事象やシーケンスを伴っている。これらの事例は、「前兆事象」と呼ばれ、学ぶべき安全上重要な教訓が含まれている。本検討では、運転経験の分析を通して、福島第一原子力発電所の事故に対する前兆事象を明らかにするとともに、それらの事象から学ぶべきであった教訓や知見について議論する。福島第一原子力発電所の事故に対する前兆事象として、本検討では、次の6件の事例を特定した。(1)大規模な内部浸水と安全系の機能喪失、(2)制御室機能と崩壊熱除去機能の喪失を伴う長時間の全交流電源喪失(station blackout)、(3)安全系の機能喪失を伴う外部浸水と複数基サイト問題、(4)外部電源喪失と非常用ディーゼル発電機2台中1台の動作不能、(5)津波起因の浸水、及び、(6)計装電源の共通モード故障。また、これら6件の中で福島第一原子力発電所の事故に最も近かったニアミス事例についてそのシナリオを分析しシビアアクシデントに至らずに済んだプロセスについて検討した。
It has been recognized an important means to learn lessons from operating experience and to feed them back to the design, construction, operation and management of facilities. A lot of events involved similar occurrences which have been experienced in the past. These are referred to as precursors. In the present study, identified and discussed are the precursors to the accident at Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant to obtain the generic lessons which should have been learned. As precursors to the Fukushima accident, six events are identified: massive internal flooding and loss of safety systems; prolonged station blackout involving loss of control room and loss of residual heat removal; external flooding involving loss of safety systems and multi units site issue; loss of offsite power with one of two emergency diesel generators inoperable; tsunami-induced flooding; common-mode loss of instrument power. Furthermore, the most notable near-miss to the Fukushima accident is discussed.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Review 2014-031
ページ数 : 18 Pages
発行年月 : 2014/08
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RV20140031
抄録集掲載番号 : 42000969
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This