超深地層研究所計画,瑞浪超深地層研究所; 深度500mステージの壁面地質調査データ集
Mizunami Underground Research Laboratory Project; Compilation of results of geological investigation at the -500m stage
川本 康司; 村上 裕晃; 石橋 正祐紀; 笹尾 英嗣; 渡辺 和彦; 見掛 信一郎; 池田 幸喜
Kawamoto, Koji; Murakami, Hiroaki; Ishibashi, Masayuki; Sasao, Eiji; Watanabe, Kazuhiko; Mikake, Shinichiro; Ikeda, Koki
本データ集は、2011年度から2013年度にかけて、瑞浪超深地層研究所の深度500mステージの掘削に伴って実施した壁面地質調査の結果を取りまとめたものである。調査の結果、深度500mステージには後期白亜紀の土岐花崗岩が分布するが、部分的にペグマタイトやアプライト,ランプロファイアー岩脈が分布することが判明した。
This document presents the data of geological investigations at the -500m stage of the MIU from the 2011 fiscal year to the 2013 fiscal year. At the -500m stage of the MIU, although the Cretaceous Toki granite is distributed, pegmatite, aplite and lampropyre dike are distributed partially.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2014-014
ページ数 : 27 Pages
発行年月 : 2014/08
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20140014
抄録集掲載番号 : 42001043
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This