Reduction of contaminated concrete waste by recycling aggregate with the aid of pulsed power discharge
パルスパワー放電を活用した骨材再利用による汚染コンクリートの減容化
Arifi, E.*; 石松 宏一*; 飯笹 真也*; 浪平 隆男*; 坂本 浩幸*; 舘 幸男; 加藤 博康*; 重石 光弘*
Arifi, E.*; Ishimatsu, Koichi*; Iizasa, Shinya*; Namihira, Takao*; Sakamoto, Hiroyuki*; Tachi, Yukio; Kato, Hiroyasu*; Shigeishi, Mitsuhiro*
福島第一原子力発電所の事故によって多量の放射性汚染コンクリートが発生している。放射性廃棄物としての汚染コンクリートの減容化に対するパルスパワー放電の適用可能性が調査された。汚染コンクリートは、パルスパワー放電過程で、非汚染粗骨材を汚染マトリクスから分離することにより除染される。本研究では、放射性汚染コンクリートを模擬するために、Csの安定同位体を用いた。試験の結果、汚染コンクリートから回収された骨材の体積は最大で60%であり、一方で、回収骨材中のCsはおおよそ3%であった。大部分のCsは、放電過程で水中に移行した。これらの結果より、パルスパワー法によって、骨材の再利用による汚染コンクリートの減容できる可能性が示された。本手法の実際の廃棄物への適用性を評価していくため、より実際の廃棄物に近い条件で試験を実施する必要がある。
The Fukushima Dai-ichi Nuclear Plant accident has resulted in a large amount of radioactively contaminated concrete. The possible application of the pulsed power discharge to reduce the amount of contaminated concrete as radioactive waste was investigated. The contaminated concrete was decontaminated by separating contaminated matrix from uncontaminated coarse aggregate under pulsed power discharge process. In this study, a stable Cs isotope was used to simulate radioactively contaminated concrete. As a result, while the volume of reclaimed aggregate from contaminated concrete could be reproduced was up to 60%, nevertheless Cs detected in the reclaimed aggregate was only approximately 3%. Thus most of the Cs were dissolved in water during the discharge process. It is expected that the pulsed power could reduce the contaminated concrete waste by reusing aggregate. Further investigations are requested to test the applicability of this method under the realistic conditions close to the actual waste.
使用言語 : English
掲載資料名 : Construction and Building Materials
: 67
: Part.B
ページ数 : p.192 - 196
発行年月 : 2014/09
出版社名 : Elsevier
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Concrete waste; Recycled aggregate; Radioactive contaminated concrete; Pulsed power discharge; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident; 福島第一原子力発電所事故
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 資源エネルギー庁
 
登録番号 : AA20140210
抄録集掲載番号 : 42001265
論文投稿番号 : 14904
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This