超深地層研究所計画, 地質・地質構造に関する調査研究; 深度500mステージの地質・地質構造
Study on geology on the Mizunami Underground Research Laboratory Project; Geology and geological structure at the -500m stage
川本 康司; 窪島 光志*; 村上 裕晃; 石橋 正祐紀; 笹尾 英嗣
Kawamoto, Koji; Kuboshima, Koji*; Murakami, Hiroaki; Ishibashi, Masayuki; Sasao, Eiji
日本原子力研究開発機構では、「地層処分技術に関する研究開発」のうち深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、結晶質岩(花崗岩)を対象とした超深地層研究所計画を岐阜県瑞浪市において進めている。本計画は、「深部地質環境の調査・解析・評価技術の基盤の整備」及び「深地層における工学技術の基盤の整備」を全体目標として定め、「第1段階:地表からの調査予測研究段階」、「第2段階:研究坑道の掘削を伴う研究段階」、「第3段階:研究坑道を利用した研究段階」の3段階からなる計画である。現在は、第2段階及び第3段階の調査研究を進めている。そのうち第2段階では、「研究坑道の掘削を伴う調査研究による地質環境モデルの構築及び研究坑道の掘削による深部地質環境の変化の把握」を段階目標の一つとして調査研究を進めている。本報告書では、第2段階での主要課題の一つである地質構造モデル構築作業の一環として、第2段階における地質・地質構造の調査研究結果に基づき、瑞浪超深地層研究所の深度500mステージの坑道掘削範囲で認められた地質・地質構造について取りまとめた。
The MIU (Mizunami Underground Research Laboratory) Project has three overlapping phases, Surface-based investigation phase (Phase I), Construction phase (Phase II), and Operation phase (Phase III). Currently, the project is under Phase II and Phase III. One of Phase II goals is set up to develop and revise models of the geological environment using the investigation results obtained during excavation, and to determine and assess changes in the geological environment in response to excavation. This report aims at compiling results of study on geology and geological structure at the -500m Stage in the MIU construction site, investigated in the Phase II and provides the fundamental information on the geology and geological structure for future study and modeling of geological environment.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2014-021
ページ数 : 30 Pages
発行年月 : 2014/11
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 超深地層研究所計画; 瑞浪; 結晶質岩; 第2段階; 地質; 地質構造
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20140021
抄録集掲載番号 : 42001383
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This