Interplay between oxidized monovacancy and nitrogen doping in graphene
グラフェンへの窒素ドーピングと酸化単空孔の相互作用
Hou, Z.*; Shu, D.-J.*; Chai, G.-L.*; 池田 隆司; 寺倉 清之*
Hou, Z.*; Shu, D.-J.*; Chai, G.-L.*; Ikeda, Takashi; Terakura, Kiyoyuki*
非貴金属触媒やナノ電子デバイス材料として注目されている窒素ドープグラフェンには、多くの場合、窒素量と同程度かそれ以上の酸素が含まれている。我々は、グラフェンの単空孔は複空孔やストーンウェルズ欠陥よりもしばしば観察され、より化学的に活性であることから、酸化単空孔と窒素ドーパントの相互作用を密度汎関数計算により調べた。温度と酸素、水素ガスの分圧の関数として窒素未ドープ酸化単空孔と窒素ドープ酸化単空孔の相図を求めた。また単空孔の酸化と窒素ドープによる電子構造の変化を調べた。我々の計算結果からエーテル基が酸化単空孔での安定構造に共通して存在し、ほとんどの安定構造ではキャリアがドープされないことがわかった。
In most of the N-doped graphene which attracts strong attention in the context of precious-metal free catalysts and nanoelectronics, the oxygen content is generally higher than or at least comparable to the nitrogen content. We perform density functional theory calculations to study the interplay of oxidized monovacancies and the nitrogen doping, motivated by the fact that MV is more frequently observed and more chemically active than divacancy and Stone-Wales defect. We determine the phase diagrams of un-doped and nitrogen-doped oxidized MVs as a function of temperature and partial pressure of O$$_{2}$$ and H$$_{2}$$ gases. The modification of the electronic structure of MV by oxidation and N doping is studied. Our results show that the ether group is a common component in stable configurations of oxidized MVs. Most of the stable configurations of oxidized MVs do not induce any carriers.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Physical Chemistry C
: 118
: 34
ページ数 : p.19795 - 19805
発行年月 : 2014/08
出版社名 : American Chemical Society
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : graphene; nitrogen doping; monovacancy
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20140263
抄録集掲載番号 : 42001092
論文投稿番号 : 14736
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:57.61
分野:Chemistry, Physical
Altmetrics
Add This