内部被ばくの評価法
Evaluation methods for internal exposure
木名瀬 栄
Kinase, Sakae
放射線取扱主任者の復習のきっかけになるよう、これまで一般的に実施してきた内部被ばくの評価法について概要を述べるとともに、福島第一原子力発電所事故後の内部被ばくの評価法に関する課題を紹介する。内部被ばくモニタリングである直接法, 間接法ともに、体内負荷量、排泄(率)、空気中濃度で表現される放射能について、信頼性高く測定評価することが日常的な課題であり、特に、直接法には被検者の測定条件と同一条件となる人体形状ファントムを用いた校正法が、間接法には十分な量の試料採取と迅速かつ高感度な組成分析法が極めて重要になると考えられる。評価対象核種によっては、直接法, 間接法ともに、長所と短所があり、いずれがよいかを選択することは困難になるが、最終的には測定結果の不確かさなどを考慮して、預託実効線量を評価しなければならない。
no abstracts in English
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : Isotope News
:
: 724
ページ数 : p.82 - 85
発行年月 : 2014/08
出版社名 : 日本アイソトープ協会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 内部被ばく; 体外計測法; バイオアッセイ法; 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20140189
抄録集掲載番号 : 42001150
論文投稿番号 : 14794
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This