Comparison of grouting with silica sol in the $"A$sp$"o$ Hard Rock Laboratory in Sweden and Mizunami Underground Research Laboratory in Japan
スウェーデンのエスポ岩盤研究所と日本の瑞浪超深地層研究所における溶液型シリカを用いたグラウトの比較
辻 正邦*; Funehag, J.*; 小林 伸司*; 佐藤 稔紀; 見掛 信一郎
Tsuji, Masakuni*; Funehag, J.*; Kobayashi, Shinji*; Sato, Toshinori; Mikake, Shinichiro
溶液型シリカは環境影響が少なくかつ開口幅の小さな割れ目にも浸透する。スウェーデンにおいては、溶液型シリカに関する研究や適用例が最近増えており、割れ目の透水性と理論的な浸透長さによってグラウトの設計が行われる。2008年にはエスポ岩盤研究所の深度450mのトンネルにおいて、2010年には瑞浪超深地層研究所の深度300mにおいて溶液型シリカを用いたグラウトが実施された。双方のグラウトの結果を比較すると、割れ目密度の大きい日本においてもスウェーデンのグラウト技術は適用が可能であり、日本特有のグラウト手法もスウェーデンにおけるグラウト品質の向上に役立つと期待される。
Silica sol is a material that seems to fulfill the non-hazardous requirement and capable of penetrating into narrow fractures. The rock grouting strategy with silica sol has been studied and applied for some recent projects in Sweden. The design methodology is based on the determination of the fracture transmissivity distribution and the theoretical penetration length. In 2008, grouting with silica sol was applied in the construction of a short tunnel at 450 m depth in the $"A$sp$"o$ Hard Rock Laboratory, the TASS-tunnel. In 2010, a grouting experiment with silica sol was performed in a gallery at 300 m depth in the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU experiment). It can be suggested that Swedish methodology can be applied to design and evaluate the grouting works in Japanese rock with higher intensity of fractures in general. Furthermore, an additional pumping time or the use of Japanese silica sol might improve the grouting quality in Sweden.
使用言語 : English
掲載資料名 : Proceedings of 8th Asian Rock Mechanics Symposium (ARMS-8) (USB Flash Drive)
:
:
ページ数 : 10 Pages
発行年月 : 2014/10
出版社名 :
発表会議名 : 8th Asian Rock Mechanics Symposium (ARMS-8)
開催年月 : 2014/10
開催都市 : Sapporo
開催国 : Japan
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : Chalmers University of Technology清水建設
 
登録番号 : BB20140837
抄録集掲載番号 : 42001490
論文投稿番号 : 15118
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This