東京電力福島第一原子力発電所から発生する滞留水・処理水の分析結果データベースの開発; 水分析結果データベース(2013年度版)の公開
Development of a database on analyses of contaminated water in Fukushima Daiichi Nuclear Power Station; The Release of FY2013 edition of the database on the analyses of contaminated water
浅見 誠; 綿引 博美; 大井 貴夫; 牧野 仁史; 柴田 淳広; 亀尾 裕; 目黒 義弘; 芦田 敬
Asami, Makoto; Watahiki, Hiromi; Oi, Takao; Makino, Hitoshi; Shibata, Atsuhiro; Kameo, Yutaka; Meguro, Yoshihiro; Ashida, Takashi
東京電力株式会社(東京電力)福島第一原子力発電所から発生する廃棄物に関する分析結果のうち、2011年度から2013年度(2014年3月末)までに日本原子力研究開発機構(JAEA)と東京電力によって公開されている滞留水・処理水の分析結果(JAEAの分析結果:25サンプル、東京電力の分析結果:313サンプル)を水分析結果データベース(2013年度版)としてまとめた。また、東京電力によって公開されている汚染水処理に係る二次廃棄物(吸着材、スラッジ)中のインベントリ評価に必要な滞留水量及び廃棄物発生量に関する情報(「福島第一原子力発電所における高濃度の放射性物質を含むたまり水の貯蔵及び処理の状況について」等の公開資料の第0報(2011/5/31)から第143報(2014/3/25)の内容)も合わせてまとめた。本資料では、例題を用いて水分析結果データベースの機能と使用方法を示すとともに、水分析結果データベース(2013年度版)を付録CDとして提供する。
A database on the analyses of samples obtained from contaminated water in the circulating system of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station was built. This database contains the analyses of 25 samples of JAEA and 313 samples of TEPCO which have been published in FY 2011 to FY 2013. Also, as well as the analyses on contaminated water, the information on the stored and treated amount in accumulated water and the amount of produced waste, which has been published by TEPCO and which might be required in order to estimate the inventory of secondary waste (sludge, used vessels) generated by treatment of contaminated water are contained in this database. This technical report shows the function of this database and user manual with example and presents the FY2013 edition of database by appendix CD.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2014-016
ページ数 : 37 Pages
発行年月 : 2014/09
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : データベース; 福島第一原子力発電所事故; 水分析結果; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20140016
抄録集掲載番号 : 42001044
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This