Neutron spectroscopic factors of $$^{55}$$Ni hole-states from (p,d) transfer reactions
(p,d)移行反応による$$^{55}$$Ni空孔状態の中性子分光学的因子
Sanetullaev, A.*; Tsang, M. B.*; Lynch, W. G.*; Lee, J.*; Bazin, D.*; Chan, K. P.*; Coupland, D.*; Hanzl, V.*; Hanzlova, D.*; Kilburn, M.*; Rogers, A. M.*; Sun, Z. Y.*; Youngs, M.*; Charity, R. J.*; Sobotka, L. G.*; Famiano, M.*; Hudan, S.*; Shapira, D.*; Peters, W. A.*; Barbieri, C.*; Hjorth-Jensen, M.*; Horoi, M.*; 大塚 孝治*; 鈴木 俊夫*; 宇都野 穣
Sanetullaev, A.*; Tsang, M. B.*; Lynch, W. G.*; Lee, J.*; Bazin, D.*; Chan, K. P.*; Coupland, D.*; Hanzl, V.*; Hanzlova, D.*; Kilburn, M.*; Rogers, A. M.*; Sun, Z. Y.*; Youngs, M.*; Charity, R. J.*; Sobotka, L. G.*; Famiano, M.*; Hudan, S.*; Shapira, D.*; Peters, W. A.*; Barbieri, C.*; Hjorth-Jensen, M.*; Horoi, M.*; Otsuka, Takaharu*; Suzuki, Toshio*; Utsuno, Yutaka
$$^{55}$$Niの1/2$$^+$$状態は二重閉殻核$$^{56}$$Niの中性子s$$_{1/2}$$軌道が空となった一空孔状態が支配的であると考えられ、したがってその状態の性質は不安定核の殻構造を知る上で重要な情報となる。本論文では、$$^{55}$$Niの1/2$$^+$$状態における一空孔状態の割合となる分光学的因子を測定し、その値を最新の理論計算と比較した結果を報告した。実験はミシガン州立大学の超伝導サイクロトロンを用い、$$p$$($$^{56}$$Ni, $$^{55}$$Ni)$$d$$反応によって調べた。実験の解析の結果、s$$_{1/2}$$の一空孔状態が支配的な1/2$$^+$$状態は3.18MeVに現れ、その分光学的因子は1.0$$pm$$0.2であることがわかった。発表代表者が行った殻模型計算では対応する状態の励起エネルギーが3.75MeVで分光学的因子が1.21と実験値を比較的よく再現するのに対し、グリーン関数による第一原理計算では分光学的因子は1.10と良いものの、励起エネルギーが11.5MeVと実験値からの大きなずれが見られた。
no abstracts in English
使用言語 : English
掲載資料名 : Physics Letters B
: 736
:
ページ数 : p.137 - 141
発行年月 : 2014/09
出版社名 : Elsevier Science Bv
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 原子核物理; 不安定核; 殻構造
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20140239
抄録集掲載番号 : 42001317
論文投稿番号 : 14956
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:61.77
分野:Astronomy & Astrophysics
Altmetrics
Add This