NRDの開発,2; NRTAによる面密度測定に対するサンプル厚の系統的な影響の検証
Development of NRD, 2; Investigation on systematic effects due to sample thickness for areal density derived from NRTA
土屋 晴文; 原田 秀郎; 小泉 光生; 北谷 文人; 高峰 潤; 呉田 昌俊; 飯村 秀紀; 木村 敦; Becker, B.*; Kopecky, S.*; Kauwenberghs, K.*; Moens, A.*; Mondelaers, W.*; Schillebeeckx, P.*
Tsuchiya, Harufumi; Harada, Hideo; Koizumi, Mitsuo; Kitatani, Fumito; Takamine, Jun; Kureta, Masatoshi; Iimura, Hideki; Kimura, Atsushi; Becker, B.*; Kopecky, S.*; Kauwenberghs, K.*; Moens, A.*; Mondelaers, W.*; Schillebeeckx, P.*
福島第一原子力発電所での過酷事故のような事例で発生するとされる粒子状溶融燃料デブリ中の核物質を非破壊で定量することを目的とし、中性子共鳴透過分析法(NRTA)と中性子共鳴捕獲$$gamma$$線分析法を合わせた中性子共鳴濃度分析法(NRD)を開発している。NRDの開発のために、IRMMの中性子飛行時間施設GELINAにて、NRTA実験を行った、実験では、サンプル厚の効果を調べるため、異なる厚みの銅サンプルを用い、混合物の影響を検証するために、銅にB$$_{4}$$Cを重ねたサンプルを用いた。銅の面密度を得るには、共鳴解析コードREFITを用いた。その結果、推奨共鳴パラメータを使った解析で得た面密度は、サンプルの質量や面積から計算した面密度から大きくずれるとわかった。そこで、実験データから銅の中性子幅を新たに求め、面密度が期待値と2%以内で一致することを確かめた。加えて、混合物のNRTA測定に与える影響も議論する。
We are developing neutron resonance densitometry that combines neutron resonance transmission analysis (NRTA) and neutron resonance capture analysis. The aim is to establish a non-destructive technique that can quantify nuclear materials in particle-like debris of melted fuel resulting from severe nuclear accidents like the one at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. Systematic effects due to sample thickness and mixed sample for the areal density measurement by NRTA were investigated at a neutron time-of-facility GELINA, IRMM. The experiments were conducted utilizing natural Cu metal discs with different thickness and a B$$_{4}$$C disc. Areal densities were derived with a resonance shape analysis code REFIT. It was found that they were inconsistent with those calculated by mass and area, when using recommended resonance parameters. Hence, a neutron width of resonance parameters was newly evaluated with the NRTA data and we found that derived areal density agreed within 2% with the expected ones. We also discuss the impacts of mixed sample for the areal density derived from NRTA measurement.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 核物質管理学会(INMM)日本支部第35回年次大会論文集(インターネット)
:
:
ページ数 : 9 Pages
発行年月 : 2015/01
出版社名 : 核物質管理学会
発表会議名 : 第35回核物質管理学会日本支部年次大会
開催年月 : 2014/11
開催都市 : 六ヶ所
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : EC/JRC/IRMM
 
登録番号 : BB20141145
抄録集掲載番号 : 43000880
論文投稿番号 : 15995
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This