NRDの開発,1;中性共鳴濃度分析法のためのLaBr$$_{3}$$シンチレーション検出装置の開発
Development of NRD, 1; Developments of a LaBr$$_{3}$$ scintillation detector system for neutron resonance densitometry
小泉 光生; 土屋 晴文; 北谷 文人; 原田 秀郎; 高峰 潤; 呉田 昌俊; 瀬谷 道夫; 木村 敦; 飯村 秀紀; Becker, B.*; Kopecky, S.*; Mondelaers, W.*; Schillebeeckx, P.*
Koizumi, Mitsuo; Tsuchiya, Harufumi; Kitatani, Fumito; Harada, Hideo; Takamine, Jun; Kureta, Masatoshi; Seya, Michio; Kimura, Atsushi; Iimura, Hideki; Becker, B.*; Kopecky, S.*; Mondelaers, W.*; Schillebeeckx, P.*
粒子状デブリ中の核物質を定量するため、中性子共鳴濃度分析法(neutron resonance densitometry: NRD)を開発している。これは、中性子共鳴透過分析法(NRTA)と、中性子共鳴捕獲分析法(NRCA)または即発$$gamma$$線分析法(PGA)の2つの手法を組み合わせたものである。NRCA/PGAは、NRTAでは測定が難しい混入物の同定を行う。中性子捕獲$$gamma$$線を測定するために、LaBr$$_{3}$$検出器で構成されるスペクトロメータを開発している。導入したデータ収集系は、500kイベント/秒の信号を8チャンネルで扱うことができる。本講演では、NRDの研究開発状況ならびにスペクトロメータシステムの開発状況について発表する。
We have proposed neutron resonance densitometry (NRD) as a method to quantify special nuclear materials in particle-like debris of melted fuel. NRD is a combination of neutron resonance transmission analysis (NRTA), and neutron resonance capture analysis (NRCA) (and prompt $$gamma$$-ray analysis (PGA)). NRCA/PGA is used to identify contaminant elements, which is difficult to be detected by NRTA. To observe $$gamma$$ rays emitted in neutron capture reaction, a spectrometer consisting of LaBr$$_3$$ scintillation detectors has been constructed. A newly installed data acquisition system enables us to measure 500 k event/s for each 8-channel inputs. In this presentation, the research and development of NRD is introduced and the status of the development of the spectrometer system is given as well.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 核物質管理学会(INMM)日本支部第35回年次大会論文集(インターネット)
:
:
ページ数 : 8 Pages
発行年月 : 2015/01
出版社名 : 核物質管理学会
発表会議名 : 第35回核物質管理学会日本支部年次大会
開催年月 : 2014/11
開催都市 : 六ヶ所
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : EC-JRC-IRMM
 
登録番号 : BB20141195
抄録集掲載番号 : 43000648
論文投稿番号 : 15746
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This