高速増殖原型炉もんじゅの安全確保の考え方
Safety requirements expected to the prototype fast breeder reactor "Monju"
もんじゅ安全対策ピアレビュー委員会*
Advisory Committee on Monju Safety Requirements*
原子力規制委員会は2011年3月の東京電力福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、ナトリウム冷却高速炉等の研究開発段階発電用原子炉を対象とした重大事故を考慮した新規制基準を2013年7月に定めた。この基準については、パブリックコメント等を踏まえ再度見直しをすることとしているが、日本原子力研究開発機構はこれまでの知見を活かし、独自に「高速増殖原型炉もんじゅに関する重大事故を含む安全確保の考え方」を構築すべく、高速増殖炉の技術及び安全性評価に精通した専門家により「もんじゅ安全対策ピアレビュー委員会」を設置し、科学的・技術的知見に基づき、検討することとした。本報告書は、委員会として高速増殖原型炉もんじゅの安全確保の考え方について重要な論点事項を本委員会として整理し、適切に対策を講じなければならない16の要求をまとめたものである。
In July 2013, Nuclear Regulation Authority (NRA) has enforced new regulatory requirements in consideration of severe accidents for the commercial light water reactors (LWR) and also prototype power generation reactors such as the sodium-cooled fast reactors (SFR) of "Monju" based on TEPCO Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident occurred in March 2011. Although the regulatory requirements for SFR will be revised by NRA with consideration for public comments, Japan Atomic Energy Agency (JAEA) set up "Advisory Committee on Monju Safety Concept" consists of fast breeder reactor (FBR) and safety assessment experts in order to establish original safety requirements expected to prototype FBR "Monju" considering severe accidents with knowledge from JAEA as well as scientific and technical insights from the experts. This report summarizes the safety requirements expected to Monju discussed by the committee.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Evaluation 2014-005
ページ数 : 275 Pages
発行年月 : 2014/11
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : もんじゅ(高速増殖原型炉)
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : EV20140005
抄録集掲載番号 : 42001391
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This