結晶質岩を対象とした長期岩盤挙動評価手法に関する研究; 2013年度(委託研究)
Study on crystalline rock aiming at evaluation method of long-term behavior of rock mass; FY2013 (Contract research)
福井 勝則*; 羽柴 公博*; 佐藤 稔紀; 真田 祐幸; 桑原 和道
Fukui, Katsunori*; Hashiba, Kimihiro*; Sato, Toshinori; Sanada, Hiroyuki; Kuwabara, Kazumichi
高レベル放射性廃棄物の地層処分時においては、長期にわたる坑道の安定性の評価が要求される。このため、岩石や岩盤の時間依存性挙動を把握することは、坑道の長期安定性を評価する上で重要な課題である。そこで、岩石や岩盤の時間依存性挙動を、精密な試験や観察・計測から直接的に検討する手法(現象論的方法)で解明し、岩盤構造物の長期挙動予測評価手法を開発する研究を行ってきた。本報告書は、2013年度に実施した岩石や岩盤の時間依存性挙動に関する研究をまとめたものである。第1章では、研究内容とその背景を概括した。第2章では、1997年度から16年間継続している田下凝灰岩のクリープ試験結果について報告した。第3章では、結晶質岩の時間依存性挙動把握のためのデータの整理と分析結果について報告し、このデータの利用方法の一つの例として、時間依存性を考慮した岩盤分類について考察した。第4章では原位置試験計画の策定のため、原位置岩盤の数値解析手法の向上に関する検討を行った。
On the radioactive waste disposal, the long-term mechanical stability of shafts and galleries excavated in rock is required. Therefore, it is very important to understand the time-dependent behavior of rock mass for evaluating long-term mechanical stability. The purpose of this study is determining the mechanisms of time-dependent behavior of rock mass by precise testing, observation and measurement in order to develop methods for evaluating long-term mechanical stability of a rock mass. This report describes the results of the activities in fiscal year 2013. In Chapter 1, we described the overview and background of this study. In Chapter 2, the results of a long-term creep test on Tage tuff, started in fiscal year 1997 are described. In Chapter 3, the result of organization and analysis for time-dependent behavior of crystalline rock was described. In Chapter 4, for the drafting of in-situ test plan, examination of the numerical analysis technique of rock mass was carried out.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2014-020
ページ数 : 50 Pages
発行年月 : 2014/11
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 結晶質岩; 時間依存性; クリープ; 構成方程式
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 東京大学
 
登録番号 : RS20140020
抄録集掲載番号 : 42001382
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This