福島第一原子力発電所1号機において地震に起因する冷却材漏えいが事故の原因となった可能性があるという指摘について
Seismically-induced reactor coolant leakage as an allegedly-possible cause of accident at unit 1 of Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Station
久木田 豊; 渡邉 憲夫
Kukita, Yutaka; Watanabe, Norio
国会事故調による報告書は、地震によって原子炉冷却材の漏えいが発生し、これが事故の原因となった可能性を、とりわけ福島第一原子力発電所1号機について指摘している。この指摘については、政府事故調査委員会及び原子力安全・保安院、原子力規制庁により、地震応答解析の結果、プラントパラメータの記録、再現解析の結果等に基づいて検討され、地震によって微小な漏えいが起こった可能性までは否定できないものの、たとえ起こっていたとしても炉心損傷の原因となるようなものではないと結論づけている。また、国会事故調が安全上有意な漏えいの可能性を疑う理由として挙げた個別の論点についても反論を加えている。本報告書は、この問題について、原子炉計装のレビューや再現解析による漏えい検出能力を再検討し論旨を補強することによって、できるだけ技術的な不確かさを排除して解決することを目的としている。また、検討の過程において、1号機の設計上の特徴や、設備の変更履歴、事故時運転操作手順、事故時の実際の運転員操作を分析し、さらに調査すべき課題を摘出した。
NAIIC emphasized the possibility of seismically-induced reactor coolant leakage and implied its causal connection to the accident, in particular at the Fukushima Daiichi Unit 1. This view of NAIIC has been addressed by the Accident Investigation Committee established by the Cabinet decision, NISA, and the Secretariat of NRA. Based on seismic response analyses, plant records and simulations, their reports uniformly note that seismically-induced leakage is unlikely to be a causal factor for the core damage though the possibility of insignificantly small leakage cannot be ruled out completely. Also refuted are some of the arguments made by NAIIC as grounds for suspecting safety-significant leakage. The present report re-examines the leak detection capability through the review of plant instruments and post-accident simulations, and adds some arguments in order to resolve the issue raised by NAIIC without technical ambiguity as far as possible. As well, the plant design uniqueness of Unit 1, the history of facility changes, the operating procedures and the actual operations are looked into to raise issues for further investigation.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2014-036
ページ数 : 38 Pages
発行年月 : 2014/11
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20140036
抄録集掲載番号 : 42001388
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This