Oxygen potential of a prototypic Mo-cermet fuel containing plutonium oxide
PuO$$_{2-x}$$含有Moサーメット原型燃料の酸素ポテンシャル
三輪 周平; 逢坂 正彦; 野崎 貴大*; 有馬 立身*; 出光 一哉*
Miwa, Shuhei; Osaka, Masahiko; Nozaki, Takahiro*; Arima, Tatsumi*; Idemitsu, Kazuya*
PuO$$_{2-x}$$を含有したMoサーメット原型燃料の酸素ポテンシャルを実験的に決定した。PuO$$_{2-x}$$を含有したMoサーメット原型燃料の酸素ポテンシャルはPuO$$_{2-x}$$のものと同じであった。また、Mo/MoO$$_{2}$$酸化反応の酸素ポテンシャルより高い場合にはMoマトリックスが徐々に酸化することがわかった。これより、Moサーメット燃料の酸化還元挙動は、アクチニド相及びMoマトリックスのそれぞれで個別に評価できることを明らかにした。以上の結果より、アクチニド相をMoにより閉じ込めることでMoサーメット燃料の酸化還元を制御できる可能性が示された。
Oxygen potential of a prototypic Mo-cermet fuel containing PuO$$_{2-x}$$ was experimentally determined. It was shown that the oxygen potentials of Mo-cermet fuel containing PuO$$_{2-x}$$ were the same as those of pure PuO$$_{2-x}$$. It was also confirmed that the gradual oxidation of the Mo matrix occurred only above the oxygen potential of Mo/MoO$$_{2}$$. It is concluded that the oxidation-reduction behavior of the Mo-cermet fuel can be evaluated individually for each phase of actinides oxide and Mo matrix. Better phase structures of the Mo-cermet fuel for taking full advantage of the oxidation-reduction controllability were suggested by the confinement of the actinides oxide phase with Mo.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Materials
: 465
:
ページ数 : p.840 - 842
発行年月 : 2015/10
出版社名 : Elsevier
発表会議名 : Nuclear Materials Conference 2014 (NuMat 2014)
開催年月 : 2014/10
開催都市 : Clearwater
開催国 : U. S. A.
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 福島第一原子力発電所事故; Fukushima Daiichi Nuclear Power Station Accident
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 九州大学
 
登録番号 : BB20142098
抄録集掲載番号 : 44000953
論文投稿番号 : 17641
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Materials Science, Multidisciplinary
Altmetrics
Add This