中性子核データ精度向上のための、熱量測定手法を用いたマイナーアクチニドサンプル量高精度決定の技術開発
R&D of the heat measurement method for accurate determination of amount of minor actinides samples for accuracy improvement of neutron nuclear data
中尾 太郎; 中村 詔司; 寺田 和司; 木村 敦; 原田 秀郎 ; 井頭 政之*; 片渕 竜也*; 堀 順一*
Nakao, Taro; Nakamura, Shoji; Terada, Kazushi; Kimura, Atsushi; Harada, Hideo; Igashira, Masayuki*; Katabuchi, Tatsuya*; Hori, Junichi*
中性子捕獲の断面積測定には測定試料の絶対量が必要であるが、入手する試料は必ずしも絶対量が精度よく決定されていない。そのため、試料の絶対量を非破壊で、高精度に決定する必要がある。本発表では原子力システム研究開発事業「マイナーアクチニドの中性子核データ精度向上に係る研究開発」の一環として、中性子捕獲断面積高精度決定のために、測定試料となるマイナーアクチニドの絶対量を非破壊で測定しうる放出熱測定の計画について、特にRI特有の放射線遮蔽問題の観点から報告する。また、$$^{241}$$Am $$gamma$$線標準線源を用いたベンチマークテスト測定の結果も併せて報告する。
In spite of that the precise information of the total amount of the measurement sample is required for the neutron capture cross-section determination, it is not always performed in sufficient accuracy. Therefore, it is necessary to determine the absolute amount of samples accurately with non-destructively. This presentation will report on the future plan about the heat deposit measurement from minor actinides samples in order to determine the absolute amount of samples non-destructively, especially about the radiation shielding which is a unique problem of RI sample case. Also report about the result of the benchmark test measurement using $$^{241}$$Am $$gamma$$-ray standard source. Present study includes the result of "Research and Development for accuracy improvement of neutron nuclear data on minor actinides" entrusted to the Japan Atomic Energy Agency by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology of Japan (MEXT).
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : JAEA-Conf 2015-003
:
:
ページ数 : p.303 - 306
発行年月 : 2016/03
出版社名 :
発表会議名 : 2014年度核データ研究会
開催年月 : 2014/11
開催都市 : 札幌
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : マイナーアクチニド; 熱量測定
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : BB20142271
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18551
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This