Evaluation of $$gamma$$-ray strength function based on measured neutron capture $$gamma$$-ray spectra
中性子捕獲$$gamma$$線スペクトル測定データを用いた$$gamma$$線強度関数の評価
岩本 信之
Iwamoto, Nobuyuki
核反応において$$gamma$$線強度関数は$$gamma$$線放射を記述する重要な成分の一つである。この$$gamma$$線強度関数を決めるためには光中性子断面積や中性子捕獲$$gamma$$線スペクトルの測定データが重要となる。後者の捕獲$$gamma$$線スペクトルは東京工業大学において長年にわたる系統的な測定研究が行われており、10-100keV及び$$sim$$550keVのエネルギー領域における捕獲断面積データも一緒に導出されている。本研究では捕獲$$gamma$$線スペクトル及び断面積を鉄から金同位体について核反応計算コードCCONEで計算した。CCONEコードには現在提案されている様々な$$gamma$$線強度関数が組み込まれており、これらの$$gamma$$線強度関数を基に計算したスペクトルと断面積を東京工業大学の測定データと比較し、$$gamma$$線強度関数の妥当性について検討した。本発表では得られた評価結果について報告する。
Gamma-ray Strength Function (GSF) is one of the important ingredients to describe $$gamma$$-ray emissions in nuclear reaction. In order to fix the GSF, it is valuable to measure photoneutron cross sections and neutron capture $$gamma$$-ray spectra. The latter has been systematically measured at Tokyo Institute of Technology, where the capture cross sections have been derived in the 10-100 keV and $$sim$$550 keV energy ranges. In this study those capture $$gamma$$-ray spectra and cross sections of isotopes from Fe to Au were calculated by nuclear reaction calculation code CCONE. This code now takes into account various types of GSF (e.g., standard Lorentzian, enhanced generalized Lorentzian, and modified Lorentzian forms). We evaluated the validity of calculated capture $$gamma$$-ray spectra and also cross sections on the basis of different GSFs, comparing them with the experimental data. We will report the evaluated results.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2015-003
:
:
ページ数 : p.119 - 124
発行年月 : 2016/03
出版社名 :
発表会議名 : 2014年度核データ研究会
開催年月 : 2014/11
開催都市 : 札幌
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20142143
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18040
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This