Search for neutron resonances of $$^{106}$$Pd
$$^{106}$$Pdの中性子共鳴の探索
中村 詔司; 木村 敦; 藤 暢輔; 原田 秀郎 ; 片渕 竜也*; 水本 元治*; 井頭 政之*; 堀 順一*; 木野 幸一*
Nakamura, Shoji; Kimura, Atsushi; Toh, Yosuke; Harada, Hideo; Katabuchi, Tatsuya*; Mizumoto, Motoharu*; Igashira, Masayuki*; Hori, Junichi*; Kino, Koichi*
J-PARCの物質・生命科学実験施設(MLF)のBL04に整備された中性子核反応実験装置(ANNRI)を用いて、飛行時間法により安定核種$$^{106}$$Pdの共鳴の確認測定を行った。評価済核データライブラリー間で、$$^{106}$$Pdの弱い共鳴の採用に食い違いがあったので、それらの共鳴が、本当に$$^{106}$$Pdに起因するのかどうか実験を行った。得られた即発$$gamma$$線スペクトルに対して、$$^{106}$$Pdの捕獲$$gamma$$線でゲートをかけて、TOFスペクトルを抽出すると、中性子エネルギー146eVと156eVに共鳴が観測された。本研究により、これらの弱い共鳴が確かに$$^{106}$$Pdに起因することを確認できた。
Experiments were carried out with the Ge detector of ANNRI to confirm whether or not the weak resonances were surely due to $$^{106}$$Pd. The prompt $$gamma$$ rays due to capture reaction of $$^{106}$$Pd were clearly observed at the $$gamma$$-ray energy at 115 kev and around 300 keV. When a TOF spectrum was extracted by gating at the prompt $$gamma$$ ray around 300 keV, the small resonance peaks were revealed at the neutron energy of 146 and 156 eV.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2015-003
:
:
ページ数 : p.113 - 118
発行年月 : 2016/03
出版社名 :
発表会議名 : 2014年度核データ研究会
開催年月 : 2014/11
開催都市 : 札幌
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 中性子捕獲断面積; 中性子共鳴
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20142306
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 17759
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This