Toward advancement of nuclear data research in the resonance region
共鳴領域における核データ研究の進展に向けて
国枝 賢; 柴田 恵一; 深堀 智生; 河野 俊彦*; Paris, M.*; Hale, G.*
Kunieda, Satoshi; Shibata, Keiichi; Fukahori, Tokio; Kawano, Toshihiko*; Paris, M.*; Hale, G.*
共鳴領域における核反応断面積・共分散評価手法の進展に関して発表する。$$gamma$$線チャンネルの導入や荷電粒子弾性散乱に対するR行列計算コードの拡張について述べると共に、理論的拘束条件を効果的に用いた共鳴解析手法を示す。また、$$^8$$Beや$$^{17}$$O複合核システムに対する計算コード・解析手法の適用例を示し、さらに中重核に対する今後の展望を述べる。
We present recent progress of nuclear data evaluation method in the resolved resonance range. Our multi-channel R-matrix code now includes photon-channel and computational capability of charged-particle elastic scattering. We also present the physical constraint from the theory in the analysis of experimental data. Example analysis results are shown for $$^8$$Be and $$^{17}$$O compound system. Finally, perspectives are discussed toward the advancement of nuclear data in the resonance region including those for medium-heavy nuclei.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2015-003
:
:
ページ数 : p.33 - 38
発行年月 : 2016/03
出版社名 :
発表会議名 : 2014年度核データ研究会
開催年月 : 2014/11
開催都市 : 札幌
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : nuclear data; resonance region; R-matrix
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20142250
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 19523
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This