Verification of the Cd-ratio method in $$^{241}$$Am using JENDL-4.0
JENDL-4.0を用いた$$^{241}$$AmにおけるCd比法の検証
水山 一仁; 岩本 信之; 岩本 修
Mizuyama, Kazuhito; Iwamoto, Nobuyuki; Iwamoto, Osamu
核廃棄物処理問題にはマイナーアクチニド核の中性子捕獲反応の高精度化が要求される。中でも$$^{241}$$Amの中性子捕獲反応は重要なものの一つである。しかしながら、$$^{241}$$Amの熱中性子捕獲反応断面積は未だ最確値を得ていない。特に放射化法で得られている熱中性子捕獲断面積は他の手法(TOFや$$gamma$$ & $$alpha$$ spectroscopyなど)と比べておおよそ20%ほども大きな値が得られている。放射化法では断面積の導出にWestcottの表現を用いたいわゆるCd比法を用いて断面積などが求められるが、特殊な共鳴構造を持つ$$^{241}$$Amでは上手く機能していない可能性がある。本研究では、JENDL-4.0を用いたCd比法の検証を行うと共に、検証に基づき実験値の補正を行うことを試みた。その結果、実験値はJENDL-4.0に非常に近い値が得られた。
The management of the nuclear waste problem requires the high precision of the neutron capture cross section for minor actinides. One of the important reaction is the neutron capture reaction of $$^{241}$$Am. However, the thermal neutron capture cross section of $$^{241}$$Am is not optimized yet. Especially the values of thermal cross sections measured by the activation technique are around 20% bigger than the other methods (TOF, $$gamma$$ & $$alpha$$ spectroscopy etc.). In the activation method, the Westcott conventional representation and the Cd-ratio method are used for the analysis of the cross section. However, it may not work well due the special resonance structure of $$^{241}$$Am. In our study, we verify the Cd-ratio method using the JENDL-4.0, and try to correct the experimental cross section based on our verification of the Cd-ratio method. Consequently we obtained the very close value of the cross section to the JENDL-4.0.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2015-003
:
:
ページ数 : p.245 - 250
発行年月 : 2016/03
出版社名 :
発表会議名 : 2014年度核データ研究会
開催年月 : 2014/11
開催都市 : 札幌
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : BB20142272
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18042
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This