表層環境条件に応じた生活圏モデル構築手法の整備
Development of the method of biosphere modeling according to surface environmental conditions
長尾 郁弥; 加藤 智子; 鈴木 祐二*; 板津 透*
Nagao, Fumiya; Kato, Tomoko; Suzuki, Yuji*; Itazu, Toru*
我が国の高レベル放射性廃棄物地層処分における性能評価研究においては、個別の地域特性を考慮できる評価手法の検討を実施しており、生活圏評価においても、我が国の幅広い地質環境を対象とした地層処分研究開発第2次取りまとめの手法を発展させ、特定の地域情報を用いた評価に対応可能な生活圏モデル構築手法を確立させることを目指している。本報告書では、表層環境における物質移行・被ばくプロセスをジェネリックな観点から整理した基本マトリクスを整備し、その組合せで実際の場における定常的な生活圏モデルを構築する手法を示した。また、その手法の適用性を確認するため、仮想的な環境条件を設定したサイトに対する生活圏モデル構築の試行を行った。合わせて今後の検討における課題や着眼点を抽出するため、実際の処分場サイトを対象とした生活圏評価の先行事例を参考に、地表環境の状態と人間の生活様式を記述する上で重要となる項目を整理した。
In the performance assessment study in the geological disposal of the high-level radioactive waste in Japan, the assessment technique that can treat local characteristics is examined, and establishing the method for the biosphere modeling using specific local information is aimed. In this report, the basic matrices were compiled which contain transport and exposure processes in the surface environment from a generic point of view. And the method was shown to construct the steady-state biosphere model in the actual surface environments by the combination of the basic matrices. To confirm applicability of the method, the biosphere modeling for the hypothetical site was tried. In addition, the important issues to describe the surface environmental condition and human lifestyle were identified to extract future problems and viewpoints by referring to the earlier study of the biosphere assessment at the actual repository site in Sweden.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2016-003
ページ数 : 80 Pages
発行年月 : 2016/05
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
: 地層処分による人への影響を評価する; 表層環境条件に応じた生活圏評価手法の開発
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20160003
抄録集掲載番号 : 44001072
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This