Evaluation of delayed neutron data of the photo-fission
光核分裂による遅発中性子データの評価
村田 徹; 岩本 信之; 小迫 和明*
Murata, Toru; Iwamoto, Nobuyuki; Kosako, Kazuaki*
核物質の非破壊検査手法開発は核保障措置及び核セキュリティにとって重要である。この手法開発には透過力のある粒子と高い識別精度を有する核分裂応答の検出が要求されており、これらはそれぞれ高エネルギー光子及び遅発中性子の検出により達せられると考えられている。現在、この手法の実行可能性や装置設計のために、光核分裂による遅発中性子データが必要とされている。光核分裂を起こす核種による遅発中性子生成量評価は、JENDL-4.0の中性子誘起核分裂による遅発中性子データを利用して行った。また、もし同じ複合核による遅発中性子データがなければ、Wahlによる累積核分裂収率の系統式とBrady-Englandによる導出手法を基に6群遅発中性子強度を計算し、評価を行った。本研究で得られた結果を研究会にて報告する。
Development of non-destructive assay technique of nuclear materials is required for the nuclear safeguard and nuclear security, especially for high level radioactive wastes such as vitrified solids. For these objects, irradiation of high transparent rays and detection of fission responses with high discrimination are required and will be attained with high energy photon irradiation and delayed neutron detections. To study the feasibility of the methods and to design the apparatus, the delayed neutron data will be requested. Their evaluation was performed approximately by utilizing neutron induced fission delayed neutron data of JENDL-4.0 for the same compound nucleus as the photo-fission. If the same compound nucleus data were not available, group delayed neutron intensities (say six or so groups) were calculated with the method given by Brady and England with the cumulative fission yields systematics given by Wahl. The present results will be given at the symposium.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2015-003
:
:
ページ数 : p.237 - 242
発行年月 : 2016/03
出版社名 :
発表会議名 : 2014年度核データ研究会
開催年月 : 2014/11
開催都市 : 札幌
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20142509
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18041
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This