検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

MVP: A General-purpose Monte Carlo code for continuous-energy neutron and photon transport calculations, 3

MVP: 連続エネルギー法に基づく中性子・光子輸送汎用モンテカルロコード,3

長家 康展; 奥村 啓介; 森 貴正

Nagaya, Yasunobu; Okumura, Keisuke; Mori, Takamasa

1980年後半から原子力機構において、連続エネルギー法に基づく中性子・光子輸送汎用モンテカルロコードが開発されている。MVPコードは、原子炉炉心設計・解析、臨界安全と遮へいのような原子炉への応用を目的としている。コードは、1994年に初版をリリース、2005年に第2版をリリースして以来、国内で幅広く用いられている。原子炉応用に対して進歩してきたモンテカルロ法を取り込み、これまで修正と機能拡張が行われてきた。第3版に対する主な機能としては、実効増倍率に対する摂動計算、遅発中性子の取り扱い、群定数生成機能、厳密な共鳴弾性散乱モデル、原子炉動特性パラメータ計算機能である。これらの機能はMVPコードに統合され、第3版として近いうちに国内向けに公開される予定である。

A general-purpose Monte Carlo code MVP has been developed for continuous-energy neutron and photon transport calculations since the late 1980s at Japan Atomic Energy Agency. The MVP code is designed for nuclear reactor applications such as reactor core design/analysis, criticality safety and reactor shielding. The code has been widely in domestic use since the first release in 1994 and the second release in 2005. Modifications and enhancements have been made with advanced Monte Carlo methodology for reactor physics applications. Featured capabilities for version 3 are the perturbation calculation for the k-effective value, treatment of delayed neutrons, group constant generation, exact resonance elastic scattering model, reactor kinetics parameter calculation. These capabilities are integrated into the code and MVP version 3 is planned to be domestically released in near future.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.