幌延地域を対象とした地表踏査および地形データにもとづく地質分布の推定
Presumption of the distribution of the geological structure based on the geological survey and the topographic data in and around the Horonobe area
酒井 利啓; 松岡 稔幸
Sakai, Toshihiro; Matsuoka, Toshiyuki
幌延深地層研究計画において、地質図に関しては舟木ほか(2005a)がそれまでの文献データの詳細検討を行い、20万分の1地質図幅をベースに幌延町域の地質図を作成するとともに検討に使用した地表踏査結果をデータベース化した。2007年には幌延深地層研究計画のうち第1段階の成果として深地層研究所設置地区周辺におけるデータのうち特に大曲断層に関する知見を取り込んで地質図を更新した。一方、幌延町周辺は資源探査(石油、天然ガス、石炭等)を目的とした既存の地質調査データが豊富にあり、文献として公表されている。このため今回、舟木ほか(2005a)が作成した地表踏査データベースに幌延町周辺で公表されている文献のデータを加えて地表踏査データベースの更新を行うとともに、この情報と酒井ほか(2014)による地形データをもとに幌延町周辺の数値地質図を作成し、GISデータとしてまとめた。本報告書の成果は、幌延深地層研究計画における地質環境のモデル化・解析やその長期変遷の解析・評価に反映させることで、それらの精度の向上に役立つと期待できる。
We update the geologic map and the database of the geological mapping published by Funaki et al. (2005a) and Ota et al. (2007) based on geological survey and topographical analysis data in and around the Horonobe area. There are many geological survey data which are derived from natural resources (petroleum, natural gas and coal, etc.) exploration in and around Horonobe-cho. We also use these data in addition to data in Funaki et al. (2005a) and Ota et al. (2007)'s data. As results of this report, we also construct a digital geologic map and a digital database of geological survey using GIS. These results can be expected to improve the precision of modeling and analyzing of geological environment, and its long-term evaluation.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2015-004
ページ数 : 109 Pages
発行年月 : 2015/06
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 地表踏査データベース; GIS; 地質図; 地形解析
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20150004
抄録集掲載番号 : 43001037
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This