Estimation of a 2p2h effect on Gamow-Teller transitions within the second Tamm-Dancoff approximation
Second Tamm-Dancoff近似を用いたガモフテラー遷移に対する2p2h効果の調査
湊 太志
Minato, Futoshi
中性子過剰核のガモフテラー(GT)遷移に対する2粒子2空孔の影響をSecond Tamm-Dancoff近似(STDA)を用いて調べた。対象核として不安定な$$^{24}$$Oと$$^{34}$$Si、そして安定な$$^{48}$$Caを選び、ガモフテラー遷移に対するクエンチング効果とフラグメント効果を調べた。2粒子2空孔状態を取り入れると、GT巨大共鳴の強度は20%ほど抑制され、その励起エネルギーは低い方へシフトすることが分かり、また残留相互作用の中の運動量を2変化させる部分がガモフテラー遷移の分布を大きく変化させることが分かった。ガモフテラー遷移強度のうち15-20%は巨大共鳴よりも高いエネルギーに移動し、特にテンソル力はそれらを60MeVより高いエネルギーへ運ぶことが分かった。また、通常よりも小さなモデルスペースを用いて$$^{48}$$Caの計算を行ったところ、実験データをよく再現することが分かった。
Two-particle two-hole (2p2h) effect on Gamow-Teller (GT) transition for neutron-rich nuclei is studied by the second Tamm-Dancoff-Approximation (STDA) with the Skyrme interaction. Unstable $$^{24}$$O and $$^{34}$$Si, and stable $$^{48}$$Ca nuclei are chosen to study quenching and fragmentation of the GT strengths. The correlation of 2p2h configurations induces 20% quenching and downward shift of GT giant resonances (GTGRs). The residual interaction exchanging angular momentum by $$Delta L=2$$, appeared in the tensor force part as well as the central force part, gives a meaningful effect to the GT distributions. 15 to 20% of the total GT strengths are brought to high energy region above GTGRs. In particular, the tensor force brings strengths to high energy more than 60 MeV. STDA calculation with a small model space for 2p2h configuration is also studied and experimental data of $$^{48}$$Ca is reproduced successfully.
使用言語 : English
掲載資料名 : Physical Review C
: 93
: 4
ページ数 : p.044319_1 - 044319_11
発行年月 : 2016/04
出版社名 : American Physical Society
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20150465
抄録集掲載番号 : 44000994
論文投稿番号 : 17682
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:100
分野:Physics, Nuclear
Altmetrics
Add This