Evaluation of neutron nuclear data on tantalum isotopes
タンタル同位体中性子核データの評価
柴田 恵一
Shibata, Keiichi
次期汎用評価済み核データライブラリJENDLのためにTa-179, 180m, 181, 182の中性子核データを10$$^{-5}$$eVから20MeVのエネルギー範囲で評価した。分離共鳴パラメータは実験値を採用するとともに、非分離共鳴パラメータは理論計算により導出した。分離共鳴領域以上のエネルギーでは、統計模型コードCCONEを用いて断面積を評価した。計算では、複合核過程に加えて、前平衡及び直接過程を考慮した。中性子と原子核間の相互作用はチャネル結合光学模型ポテンシャルを用いた。タンタル同位体のE1$$gamma$$線遷移に係る巨大双極子及びピグミー共鳴のパラメータは$$gamma$$線スペクトル測定値を再現する様に決定した。評価結果は既存の実験値とよく一致しており、JENDL-4.0を上回る再現性であった。今回得られた結果から、ENDF形式でデータファイルを作成した。
Neutron nuclear data on $$^{179,180m,181,182}$$Ta have been evaluated for the next version of Japanese Evaluated Nuclear Data Library general-purpose file in the energy region from $$10^{-5}$$ eV to 20 MeV. Resolved resonance parameters were selected from experimental data, while unresolved ones were obtained from nuclear model calculations. A statistical model code CCONE was applied to evaluate cross sections above the resolved resonance region. Compound, pre-equilibrium and direct-reaction processes were considered for cross-section calculation. Coupled-channel optical model parameters were employed for the interaction between neutrons and nuclei. Giant-dipole and pygmy resonance parameters for E1 $$gamma$$-ray transition from tantalum isotopes were determined so as to reproduce measured $$gamma$$-ray spectrum. The present results reproduce experimental data very well, and are much better than the JENDL-4.0 evaluation. The evaluated data are compiled into ENDF-formatted data files.
使用言語 : English
掲載資料名 : Journal of Nuclear Science and Technology
: 53
: 7
ページ数 : p.957 - 967
発行年月 : 2016/07
出版社名 : Taylor & Francis
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 核データ評価; JENDL; タンタル
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20150199
抄録集掲載番号 : 44001196
論文投稿番号 : 17878
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
InCites™
パーセンタイル:21.03
分野:Nuclear Science & Technology
Altmetrics
Add This