大強度パルス中性子ビームを用いた新しい非破壊元素分析法の開発
Development of new non-destructive analysis by using an intense pulsed neutron beam
藤 暢輔; 海老原 充*; Huang, M.; 木村 敦; 中村 詔司; 原田 秀郎
Toh, Yosuke; Ebihara, Mitsuru*; Huang, M.; Kimura, Atsushi; Nakamura, Shoji; Harada, Hideo
中性子核反応測定装置(ANNRI)は、J-PARC MLFに設置された即発$$gamma$$線測定実験のための装置であり、主に核データ測定、天体核物理および元素分析の研究開発が行われている。中性子ビームを用いた元素分析法には2つの代表的な手法があり、一つは中性子捕獲$$gamma$$線のエネルギーを用いる即発$$gamma$$線分析(PGA)、もう一つは飛行時間法(TOF)から得られる中性子エネルギーを用いる中性子共鳴捕獲分析である。ANNRIでは大強度パルス中性子ビームと高効率Ge検出器を用いることによって、前述の2つの元素分析法を融合した新しい元素分析法を行うことができる。新しい手法では3次元スペクトル(TOF-PGAスペクトル)を解析することによって従来法では解析が困難な場合でも正確な値が得られることを混合標準試料の測定結果によって示した。今後は非破壊分析が望まれる様々な分野において用いられるものと期待している。
no abstracts in English
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : Isotope News
:
: 736
ページ数 : p.22 - 26
発行年月 : 2015/08
出版社名 : 日本アイソトープ協会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 即発ガンマ線分析; 中性子共鳴吸収分析; J-PARC ANNRI
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20150163
抄録集掲載番号 : 43001211
論文投稿番号 : 16306
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This