検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

放射線挙動解析コードPHITS開発の現状

Recent development of particle and heavy ion transport code system PHITS

佐藤 達彦; 松田 規宏; 岩元 洋介; 橋本 慎太郎; 古田 琢哉; 小川 達彦; 安部 晋一郎; 甲斐 哲也 ; 仁井田 浩二*; 岩瀬 広*

Sato, Tatsuhiko; Matsuda, Norihiro; Iwamoto, Yosuke; Hashimoto, Shintaro; Furuta, Takuya; Ogawa, Tatsuhiko; Abe, Shinichiro; Kai, Tetsuya; Niita, Koji*; Iwase, Hiroshi*

モンテカルロ計算コードPHITSは、任意の体系内における多様な放射線の挙動を解析可能なため、工学・医学・理学の様々な分野で1600名以上の研究者に利用されている。2015年3月にリリースしたVersion2.76より、電子・光子の輸送に電磁カスケード計算専用コードEGS5のアルゴリズムが使えるようになった。また、100GeVまでの高エネルギー光核反応及び仮想光子を介して反応するミューオン核反応も模擬可能となった。さらに、領域エラーチェック機能、DICOMフォーマットからPHITS入力形式に自動変換するプログラム、PHITSとの親和性を向上させた誘導放射能計算コードDCHAIN-SP2014などを組み込むことにより、ユーザーの利便性を向上させた。本発表では、これら最近の開発状況について報告するとともに、今後のリリース予定などについて紹介する。

PHITS is a general purpose Monte Carlo code that can analyze the motion of nearly all particles in any matters. It has been widely used by more than 1600 researchers. The algorithm of EGS5 as well as the photo-nuclear and muon-nuclear reaction models up to 100 GeV were implemented in the latest version, 2.76. Some user support functions and programs such as the geometry-check function, DICOM2PHITS, and DCHAIN-SP2014 were also included in the package of PHITS 2.76. Details of recent improvements together with our future plan will be presented at the meeting.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.