地層処分実規模設備運営等事業における工学技術に関する研究; 平成26年度成果報告(共同研究)
Research on engineering technology in the full-scale demonstration of EBS and operation technology for HLW disposal; Research report in 2014 (Joint research)
小林 正人*; 齋藤 雅彦*; 岩谷 隆文*; 中山 雅; 棚井 憲治; 藤田 朝雄; 朝野 英一*
Kobayashi, Masato*; Saito, Masahiko*; Iwatani, Takafumi*; Nakayama, Masashi; Tanai, Kenji; Fujita, Tomoo; Asano, Hidekazu*
原子力機構と原子力環境整備促進・資金管理センター(原環センター)は、地層処分研究ならびに技術開発を進めている。原子力機構は、北海道幌延町において幌延深地層研究計画を進めており、地層科学研究および地層処分研究開発を実施している。一方、国は深地層の研究施設等を活用して、国民全般の高レベル放射性廃棄物地層処分への理解促進を目的として、実規模・実物を基本とするが、実際の放射性廃棄物は使用せずに、地層処分概念とその工学的な実現性や人工バリアの長期挙動までを実感・体感できる設備の整備等を行う「地層処分実規模設備整備事業」を平成20年度から公募事業として進めており、平成26年度は事業名称を「地層処分実規模設備運営等事業」に変更した。原子力機構と原環センターは、原環センターが受注した「地層処分実規模設備運営等事業」の工学技術に関する研究を共同で実施するために、共同研究契約「地層処分実規模設備運営等事業における工学技術に関する研究」を締結した。なお、本共同研究は幌延深地層研究計画のうち、処分システムの設計・施工技術の開発や安全評価手法の信頼性確認のための研究開発の一環として実施する。本報告は、本共同研究における平成26年度の成果について取りまとめたものである。
JAEA and RWMC concluded the letter of cooperation agreement on the research and development of radioactive waste disposal in April, 2005, and have been carrying out the collaboration work based on the agreement. JAEA have been carrying out the Horonobe URL Project which is intended for a sedimentary rock in the Horonobe town, Hokkaido, since 2001. In the project, geoscientific research and research and development on geological disposal technology are being promoted. Meanwhile, The Agency for Natural Resources and Energy, Ministry of Economy, Trade and Industry has been promoting construction of equipments for the full-scale demonstration of engineered barrier system and operation technology for high-level radioactive waste disposal since 2008, to enhance public's understanding to the geological disposal of HLW, e.g. using underground facility. RWMC received an order of the project in fiscal year 2014 continuing since fiscal year 2008. Since topics in this project are included in the Horonobe URL Project, JAEA carried out this project as collaboration work continuing since fiscal year 2008. This report summarizes the results of the research on engineering technology carried out in this collaboration work in fiscal year 2014.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2015-018
ページ数 : 14 Pages
発行年月 : 2015/12
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Horonobe URL Project; RWMC; Geological disposal technology; Engineered barrier system; Demonstration test; Public acceptance
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 原子力環境整備促進・資金管理センター
 
登録番号 : RS20150018
抄録集掲載番号 : 44000003
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This