Evaluation of neutron capture cross sections and covariances on $$^{99}$$Tc and $$^{129}$$I in the keV energy region
keVエネルギー領域における$$^{99}$$Tcと$$^{129}$$Iに対する中性子捕獲断面積及び共分散評価
岩本 信之
Iwamoto, Nobuyuki
放射性同位元素である$$^{99}$$Tcと$$^{129}$$Iは核分裂生成物の中でも特に重要な核種と考えられている。それは長半減期(それぞれ21.1万年及び1570万年)という性質に加えて、熱エネルギーでの$$^{235}$$Uにおける累積核分裂収率が大きいためである。これらの放射性廃棄物処理処分にとって中性子捕獲反応は重要な核変換反応の一つと見なされている。それらの捕獲断面積及び共分散データは環境負荷に対する低減効果及びその不確定性を評価する上で、必要不可欠である。本研究では、核反応計算コードCCONEと共分散評価コードKALMANを用いて、keV領域の捕獲断面積とその共分散評価を実施した。この評価では核反応モデルを構成する光学ポテンシャルや$$gamma$$線強度関数、レベル密度モデル等に関する50以上のパラメータに対する不確定性を考慮し、共分散を導出した。講演では得られた結果について詳細を報告する。
Radioisotopes $$^{99}$$Tc and $$^{129}$$I have been recognized as important fission products. This results from having nuclear characteristics of very long half-lives and high fission yields. The neutron capture reaction is referred to as one of the important nuclear transformation reactions for radioactive waste disposal. The covariance of their capture cross sections is requisite to estimate the reduction effects and uncertainty of environmental load. In this work, capture cross section and covariance evaluations were made with nuclear reaction calculation code CCONE and covariance evaluation code KALMAN in the keV energy region. In order to derive the covariance, initial uncertainties were considered for over 50 parameters of, for example, optical model potential, $$gamma$$ strength function, and level density in nuclear reaction models, taking into account the spread of experimental data. The detailed results of this evaluation will be given in this presentation.
使用言語 : English
掲載資料名 : EPJ Web of Conferences (Internet)
: 111
:
ページ数 : p.03002_1 - 03002_5
発行年月 : 2016/03
出版社名 : EDP Sciences
発表会議名 : 4th International Workshop on Nuclear Data Evaluation for Reactor Applications (WONDER 2015)
開催年月 : 2015/10
開催都市 : Aix-en-Provence
開催国 : France
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : BB20150636
抄録集掲載番号 : 45000724
論文投稿番号 : 18977
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This