「ふげん」廃止措置プロジェクトにおける解体シナリオの最適化検討; 熱交換器等の解体撤去手順の予備評価
A Study on optimization of dismantling scenarios in Fugen decommissioning project; Preliminary evaluation of dismantling scenario of the heat exchangers, etc.
香田 有哉; 手塚 将志; 柳原 敏*
Koda, Yuya; Tezuka, Masashi; Yanagihara, Satoshi*
廃止措置作業の遂行には、長期間の工期と多額の費用を伴うため、作業の安全性を担保することを前提に、作業の効率性も考慮した最適な作業手順を策定することが重要となる。このため、「ふげん」原子力発電所の設備・機器等の解体撤去工事における作業人工数や被ばく量等を管理指標とし、最適な作業手順を選択するための検討を進めている。本報告書では、原子炉冷却材浄化系の熱交換器等を対象とした複数の作業手順を対象に、それぞれの作業手順に応じた作業人工数や被ばく量等を評価するとともに、各評価項目に重み付けをすることにより最適なシナリオを選択する手法について検討した結果を報告する。
The implementation of the decommissioning work is accompanied by long-term period and considerable expense, so it is important that we make the most optimized work scenario in consideration of safety or the work and effectiveness. For this reason, we are studying selection method of the optimal work scenarios as a management index of the manpower and dose etc., in dismantling work for Fugen. In this report, results of a study shows the method of selecting the best scenarios for the heat exchangers of the reactor coolant purification system by evaluating execution multiple work scenarios, as well as evaluating the manpower and dose, etc., moreover by setting the importance of each evaluation item.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2015-050
ページ数 : 74 Pages
発行年月 : 2016/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : ふげん; 最適シナリオ; プロジェクト管理データ
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 福井大学
 
登録番号 : TN20150050
抄録集掲載番号 : 44000614
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This