第5章 核変換システム、5.4共通基盤技術、5.4.1核データ
Chapter 5 Nuclear transmutation system, 5.4 Common base technology, 5.4.1 Nuclear data
岩本 修
Iwamoto, Osamu
中性子と原子核の反応の起こりやすさを表す断面積などの核データは、核変換技術を支える基盤技術として重要である。核変換では通常の原子炉と比較し、大量のマイナーアクチニド(MA)を取り扱うため、これらの核データは核変換システムの核特性に大きく影響する。しかしながら、MAは放射性核種であり、核データの測定には困難さが伴うため、ウランなどの主要なアクチニド核種と比較し、現在の核データの精度は必ずしも十分とは言えない。本節ではMA核データの現状について概観する。
Nuclear data such as neutron cross sections of reaction between neutron and nucleus are important as basement for the nuclear transmutation technology. The nuclear data affects nuclear characteristics on nuclear transmutation system because it uses large amount minor actinide (MA). However, accuracies of the nuclear data are enough at present due to the difficulties on measurement for radioactive nuclei. Present status of the nuclear data of MA are overviewed.
使用言語 : Japanese
掲載資料名 : 分離変換技術総論
:
:
ページ数 : p.280 - 284
発行年月 : 2016/08
出版社名 : 日本原子力学会
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : AA20150309
抄録集掲載番号 : 45000493
論文投稿番号 : 18761
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This