わが国における使用済燃料の地層処分システムに関する概括的評価; 直接処分第1次取りまとめ
Preliminary assessment of geological disposal system for spent fuel in Japan; First progress report on direct disposal
基盤技術研究開発部
Radioactive Waste Processing and Disposal Research Department
日本原子力研究開発機構は、平成25年度から使用済燃料の直接処分に関する研究開発に着手し、平成25年度末までに得られた成果を取りまとめ、直接処分についての現状の技術レベルと課題について検討した技術報告書(以下、「直接処分第1次取りまとめ」という)を作成した。「直接処分第1次取りまとめ」においては、代表的な地質環境特性と使用済燃料特性という限定された条件下において、使用済燃料の地層処分システムについての予備的な設計と安全評価を実施するとともに、現状の技術レベルを検討した。また、「直接処分第2次取りまとめ」に向けて、留意すべき技術的事項として、地質環境条件と使用済燃料の多様性に関する課題および工学技術と安全評価に関する課題を抽出し、分類し整理を行った。このように直接処分についての現状の技術レベルの提示と第2次取りまとめに向けて検討すべき課題の抽出・分類・整理を行うことにより、所期の目標を達成することができた。
The Japan Atomic Energy Agency has prepared the technical progress report on preliminary assessment of geological disposal for spent fuel (hereinafter referred to as "First Progress Report on Direct Disposal"). This report is aiming to examine the technical feasibility of the direct disposal of spent fuel in Japan, based on the results of research and development (R&D) on SF direct disposal carried out during FY 2013. In the First Progress Report on Direct Disposal, the available technology for the direct disposal of spent fuel in Japan was discussed through the preliminary design and safety assessment for the geological disposal system which were made under the limited conditions of representative characteristics of geological environment and spent fuel. Through R&D, the challenges and concerns on the engineering technology and the safety assessment, to be resolved for the Second Progress Report on Direct Disposal, were identified and classified.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2015-016
ページ数 : 327 Pages
発行年月 : 2015/12
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 使用済燃料; 直接処分; 予備的設計・安全評価; 第1次取りまとめ; 課題
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : RS20150016
抄録集掲載番号 : 44000002
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This