平成26年度研究開発・評価報告書; 評価課題「核燃料物質の再処理に関する技術開発」(事後評価)
Report on the evaluation of research and development activities in FY2014 issue; "Research and Development on Reprocessing of Nuclear Fuel Materials" (Ex-post evaluation)
再処理技術開発センター
Tokai Reprocessing Technology Development Center
日本原子力研究開発機構(以下、「原子力機構」という。)は、「国の研究開発評価に関する大綱的指針」及び「文部科学省における研究及び開発に関する評価指針」、並びに原子力機構の「研究開発課題評価実施規定」等に基づき、第2期中期目標期間(平成22$$sim$$26年度)における軽水炉使用済燃料の再処理技術開発及び民間事業者の核燃料サイクル事業への支援として「核燃料物質の再処理に関する技術開発」に係る事後評価を研究開発・評価委員会(高速炉サイクル研究開発・評価委員会)に諮問した。これを受けて、高速炉サイクル研究開発・評価委員会は、第2期中期目標期間における軽水炉使用済燃料の再処理技術開発及び民間事業者の核燃料サイクル事業への支援について、妥当であると評価した。
Japan Atomic Energy Agency (hereafter referred as "JAEA") consulted the "Evaluation Committee of Research and Development Activities for Fast Reactor Cycle" to assess the issue on "Research and Development on Reprocessing of Nuclear Fuel Materials" conducted by JAEA during the period from FY2010 to FY2014. In response to the JAEA's request, the committee assessed the R&D programs and the activities of JAEA related to the issue and concluded the mission was accomplished. This evaluation was performed based on the "General guideline for the evaluation of government R&D activities", the "Guideline for evaluation of R&D in Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT)" and the "Operational rule for evaluation of R&D activities" by JAEA.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Evaluation 2015-012
ページ数 : 83 Pages
発行年月 : 2015/12
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 課題評価; 東海再処理施設; 使用済燃料; ガラス固化; 軽水炉燃料; MOX燃料; ふげん
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : EV20150012
抄録集掲載番号 : 44000006
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This