濃縮工学施設における廃止措置の進捗状況; 平成26年度上半期
Current status of a decommissioning project in the Enrichment Engineering Facilities; Results in the first-half of the fiscal year of 2014
松本 孝志; 森本 靖之; 高橋 信雄; 高田 正晴; 吉田 英明; 中島 伸一; 石森 有
Matsumoto, Takashi; Morimoto, Yasuyuki; Takahashi, Nobuo; Takata, Masaharu; Yoshida, Hideaki; Nakashima, Shinichi; Ishimori, Yuu
人形峠環境技術センターの濃縮工学施設は、ウラン濃縮のプラント技術的基盤を確立することを目的として建設された施設である。施設内に2つのプラントがあり、天然ウラン及び、回収ウランを用いたウラン濃縮試験を昭和54年度から平成元年度まで行った。平成26年度からは廃棄物調査や澱物調査等を実施する区画を整備するため、平成31年度までの計画でウラン濃縮プラントを構成するプロセス設備やユーティリティ設備などの管理区域内設備を解体・撤去する。本報告書は、この濃縮工学施設の廃止措置の基本計画を記載するとともに、廃止措置進捗状況として平成26年度上半期の実績工程、廃止措置方法、写真による廃止措置経過及び、部屋・作業員種別毎の作業人工実績、についてまとめた。平成26年度上半期の解体作業に伴い発生した解体物は、メッシュコンテナ37基、200リットルドラム缶199本であり、二次廃棄物は271.4kg(可燃物91.9kg、難燃物179.5kg)であった。
The Enrichment Engineering Facilities of the Ningyo-toge Environmental Engineering Center was constructed in order to establish the technical basis of the uranium enrichment plant in Japan. Uranium enrichment tests, using natural and reprocessed uranium, were carried out from 1979 to 1990 at two types of plants in the facilities. UF$$_{6}$$ handling equipment and Supplemental equipment in these plants are intended to be dismantled by 2019 in order to make places for future projects, for example, inventory investigation, precipitation treatment, etc. This report shows the basic plan of this decommissioning project and presents the current state of dismantling in the first-half of the fiscal year of 2014, with indicating its schedule, procedure, situation, results, and so on. The dismantled materials generated amounted to 37 mesh containers and 199 drums, and the secondary waste generated amounted to 271.4 kg.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2015-036
ページ数 : 60 Pages
発行年月 : 2016/01
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 廃止措置; 放射性廃棄物; ウラン濃縮; 設備解体; 回収ウラン
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20150036
抄録集掲載番号 : 44000326
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This