坑道周辺岩盤の概念再構築に関する研究; 平成26年度(委託研究)
Studies on the reconstruction of the concept of rock mass around the tunnel; Japanese fiscal year, 2014 (Contract research)
小島 圭二*; 大西 有三*; 青木 謙治*; 杤山 修*; 西垣 誠*; 登坂 博行*; 吉田 英一*; 村上 裕晃; 笹尾 英嗣
Kojima, Keiji*; Onishi, Yuzo*; Aoki, Kenji*; Tochiyama, Osamu*; Nishigaki, Makoto*; Tosaka, Hiroyuki*; Yoshida, Hidekazu*; Murakami, Hiroaki; Sasao, Eiji
本報告書は、地層処分におけるニアフィールドコンセプトをより現実的に再構築する研究に関するものである。平成27年度は、当委員会の最終年度に当たるため、ニアフィールドコンセプトの再構築に関する検討概要と基本的考え方のまとめを行った。また、委員会での検討事項を整理して、「現実的なニアフィールドコンセプトの再構築」の残された課題を抽出した。特に、「2011年東日本大震災」後に、安全に関する社会のパラダイムが大きくシフトしたことを考慮して、地層処分に関して、社会が従来の安全概念では受け入れがたくなっていると考えられる事項も整理した。また、地下研究施設/ニアフィールド領域で実証可能な、地層処分「必須の重要事項」への対応を検討した。これらを通して、今後の地層処分/ニアフィールド領域の研究開発の方向を示した。
This report is concerned with research to reconstruct more realistic near-field (NF) concept for the geological disposal of radioactive waste. This year is the final year of this committee activities. So we have carried out the summary on Re-thinking of NF concept and its technical basis. Cooperation between the study fields and combination of various science and technology and evaluation methods are one of the important technical bases of NF concept. In addition, since the "Great East Japan Earthquake 2011", the safety paradigm has shifted dramatically. In the reconstruction of realistic NF concept, it is necessary to analyze what security matters whether society has become unacceptable for geological disposal. Committee, we also exchange views on such matters and presented the direction of future research and development for geological disposal.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Research 2015-017
ページ数 : 54 Pages
発行年月 : 2015/12
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 地質環境; 地層処分; 安全評価; ニアフィールドコンセプト; 埋め戻し過程
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 資源・素材学会
 
登録番号 : RS20150017
抄録集掲載番号 : 44000162
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This