核燃料再処理施設におけるグローブボックスパネルの更新
Replacement of the glove box panel in the nuclear fuel reprocessing facility
山本 昌彦; 白水 秀知; 森 英人; 駿河谷 直樹
Yamamoto, Masahiko; Shirozu, Hidetomo; Mori, Eito; Surugaya, Naoki
東海再処理施設の小型試験設備に設置されたグローブボックスは、長期の使用に伴い、透明パネルが劣化して視認性が低下していた。そこで、予防保全の観点からパネルを更新した。多くのパネルには、可燃性のアクリルが使用されているが、平成23年の福島第一原子力発電所の事故後に制定された新規制基準では、核燃料物質等を取り扱うグローブボックスに不燃性又は難燃性材料の使用が要求されている。本更新では、プラスチックの燃焼性試験規格であるUL94で高い難燃性を示すV-0級に適合したポリカーボネートでパネルを製作し、新規制基準への適合を試みた。なお、グローブボックスの内部は、放射性物質によって汚染されており、更新作業中も閉じ込め機能を維持する必要があった。このため、事前に、汚染状況の調査、作業者の被ばく評価、作業時の放射線防護具の選定を行った。また、パネル開口部はビニール製シートで囲い、周辺にグリーンハウスを設置することで、作業中の放射性物質の閉じ込めを図った。本更新においては、パネルの材質検査、据付・外観検査、グローブボックスの負圧検査、漏えい検査を実施し、閉じ込め機能が更新前と同様に維持できることを検証した。
The panels of glove box installed at Tokai Reprocessing Plant have been deteriorated and transparencies have been decreased due to the long-term use. Therefore, the panels have been replaced from the view point of preventive maintenance. In the new regulation formulated since the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident, it is demanded that the glove box consists of incombustible or inflammable materials. In this replacement, new panels have been manufactured with polycarbonate which satisfied the UL94 V-0 incombustible class. The inside of glove box has been contaminated with radioactive materials. Thus, the contamination and operator's exposure have been investigated. Then radiation protection equipment have been selected. Also, it is necessary to maintain the glove box enclosure during the replacement. The replacement has been conducted by covering the opening parts with vinyl sheets. The enclosure function has been verified by the inspection of the new panels and glove box.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2016-009
ページ数 : 58 Pages
発行年月 : 2016/05
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : グローブボックス; パネル; ポリカーボネート; 新規制基準
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20160009
抄録集掲載番号 : 44001077
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This