Evaluation of neutron cross sections of $$^{93}$$Nb in the energy range between 10$$^{-5}$$ eV and 20 MeV
10$$^{-5}$$eVから20MeVのエネルギー領域における$$^{93}$$Nbの中性子断面積の評価
市原 晃
Ichihara, Akira
平成27年度より、評価済み核データライブラリーJENDL-4.0の改訂作業を開始した。次期JENDLは核変換技術に資することを目指し、原子炉構造材のデータ改訂に重点を置くとともに、準安定状態生成データを補強する予定である。本研究では、高融点合金の材料である$$^{93}$$Nbの中性子断面積を再評価した。そして中性子エネルギーが2.6-7.0keVの分離共鳴領域において共鳴パラメーターを修正し、平均捕獲断面積の実測値との一致を若干改善させた。また、分離共鳴領域より上のエネルギー領域に対して、汎用核データ評価システムCCONEを用いて断面積を計算した。その際、$$(n,gamma)$$, $$(n,n')$$, $$(n,2n)$$, $$(n,3n)$$, $$(n,alpha)$$, $$(n,nalpha)$$反応において、各反応の断面積と準安定状態生成割合の両者が実験値を再現するように、スピン分布関数のパラメーターを調整した。
This year we started a new activity for the next version of Japanese evaluated nuclear data library, JENDL-4.0. The next JENDL is planned to contribute to the transmutation of nuclear wastes. The evaluation activity will be focused on structural materials in the nuclear power plants, and the isomer production data will be supplemented to the library. In this work, we re-evaluated the nuclear data of $$^{93}$$Nb. We altered the resolved resonance parameters in the energy range between 2.6 and 7.0 keV. The agreement with experimental data was slightly improved in the average capture cross section. Cross sections above the RR region were re-calculated using the comprehensive nuclear data evaluation code CCONE. We adjusted the spin cutoff parameters of level densities to reproduce the measured isomer production ratios in the reactions $$(n,gamma)$$, $$(n,n')$$, $$(n,2n)$$, $$(n,3n)$$, $$(n,alpha)$$ and $$(n,nalpha)$$ without spoiling the cross sections.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2016-004
:
:
ページ数 : p.141 - 146
発行年月 : 2016/09
出版社名 :
発表会議名 : 2015年度核データ研究会
開催年月 : 2015/11
開催都市 : 東海
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20151866
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18281
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This