Activation cross-section file for decommissioning of LWRs
軽水炉廃止措置のための放射化断面積ファイル
柴田 恵一; 岩本 信之; 国枝 賢; 湊 太志; 岩本 修
Shibata, Keiichi; Iwamoto, Nobuyuki; Kunieda, Satoshi; Minato, Futoshi; Iwamoto, Osamu
軽水炉施設の廃止措置を進めるためには、放射性廃棄物の量を正確に予測することが必要である。そのための基盤データベースの一つとして中性子誘起による放射化断面積ファイルを整備した。対象となる放射性生成物は線量告示にある半減期30日以上の227核種と超長半減期12核種の計239核種である。この生成物に至る可能な核反応パスから、標的となる原子核を選定した。この標的核に対する放射化断面積データはJENDL-4.0, JENDL/A-96及びJENDL-4.0以降に新たに行われた評価から採用し、302核種から構成される放射化断面積ファイルを作成した。既存の評価値と比較すると残留核が準安定状態に至る捕獲反応で大きな差があることが分かった。今後、更なるデータ改良を行って2016年度中に断面積ファイルを公開する予定である。
It is required to estimate radioactive products accurately for the decommissioning of LWRs. We have developed the neutron-induced activation cross-section file for this purpose. The products consist of 227 nuclides with half-lives larger than 30 days and 12 nuclides with very long half-lives. Target nuclei were selected by considering possible paths leading to the required products. The activation cross sections of these targets were taken from JENDL-4.0, JENDL/A-96 and the post JENDL-4.0 evaluations. As a result, we produced the activation cross-section file with 302 nuclides. Comparing with other evaluations, there exists a large difference especially for the capture cross sections leading to meta-stable states. The data will be released in FY2016 after achieving further improvements.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2016-004
:
:
ページ数 : p.47 - 52
発行年月 : 2016/09
出版社名 :
発表会議名 : 2015年度核データ研究会
開催年月 : 2015/11
開催都市 : 東海
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 放射化断面積; 廃止措置; JENDL
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 日本原子力発電
 
登録番号 : BB20151946
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18345
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This