Photonuclear data file
光核反応ファイル
岩本 信之; 小迫 和明*; 村田 徹*
Iwamoto, Nobuyuki; Kosako, Kazuaki*; Murata, Toru*
光核反応データは電子加速器の遮へい設計のみならず、非破壊検査や高エネルギー$$gamma$$線治療分野においても利用が期待される。日本では評価済光核反応データファイルとしてJENDL/PD-2004が68核種の核データを収納し公開されているが、この公開以降の多様なニーズに応えるために新しい光核データファイルの開発が始まった。この開発では二つの評価手法が採られており、安定なLiからCaまでの核種に対しては低入射光子エネルギーにおいて共鳴成分が見られるため、測定値と核構造データをベースに評価が行われた。また、軽核の高エネルギー領域及びCaより重い核種については、核反応計算コードALICE-F及びCCONEを用いて巨大双極子共鳴や準重陽子分解モデルを基に光中性子断面積を評価した。核データには入射光子エネルギーとして140MeVまでの光吸収断面積、粒子生成イールド、核種生成断面積及び放出粒子のエネルギー・角度微分断面積が収納してある。この新光核反応データファイルは181核種の核データを収納した標準版に加え、応用性を考慮して、ALICE-Fコードの系統計算による2500核種に及ぶ核データを追加した拡張版も整備し、公開予定である。
Photonuclear data have been required to propose non-destructive assay and high energy $$gamma$$-ray therapy as well as shielding design of an electron accelerator facility. A new photonuclear data file has been developed to take into account a wide variety of use. Nuclear data of stable light nuclides from Li to Ca were evaluated with experimental data and nuclear structural data. For nuclides above Ca, the photon absorption cross sections were calculated with GDR and QD model by nuclear reaction model codes, ALICE-F and CCONE. The incident photon energy covers the range up to 140 MeV. The data included absorption, particle production yield and nuclide production cross sections, and energy-angle differential cross sections of emitted particles. The new version has the nuclear data of 181 nuclides. In addition, an extended version is also planned to be released, in which systematic calculations by the ALICE-F code were performed for ~2500 nuclides other than those included in standard file.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2016-004
:
:
ページ数 : p.53 - 58
発行年月 : 2016/09
出版社名 :
発表会議名 : 2015年度核データ研究会
開催年月 : 2015/11
開催都市 : 東海
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20152043
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18131
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This