Development of evaluation method for improvement of nuclear data accuracy in MA isotopes
MA同位体の核データ精度向上のための評価手法開発
水山 一仁; 岩本 信之; 岩本 修
Mizuyama, Kazuhito; Iwamoto, Nobuyuki; Iwamoto, Osamu
核変換技術の開発のためにマイナーアクチニド核の中性子核データの精度向上が求められている。そのためのMA核の中性子核データの高精度評価手法の開発が本研究の目的である。高精度評価のためには、過去の実験データ間にみられるばらつきの原因追及、共鳴パラメータの高精度解析手法の開発などがあげられる。我々はこれまでに、過去のMA核の熱中性子捕獲断面積のデータ間のばらつきに着目し、放射化法解析に用いられたCd比法と運用方法を見直したことにより、特殊な共鳴構造を持つMA核ではCd比法に補正が必要になることを見出し、補正を試みたところ、ばらつきが小さくなることを確認した。一方で、共鳴積分値のばらつきは改善されなかった。これは中性子束の熱外中性子成分に対して、Cd比法で用いられているモデルで仮定されているエネルギー依存性と現実の中性子束のそれとは異なっていることが可能性としてあげられる。共鳴パラメータの高精度解析のためには厳密な時間分解能関数のパラメータが必要で、既知の安定核種でそれを求め、MA核種の分析にそれを用いることを計画している。
Improvement of the accuracy of neutron nuclear data for minor actinides (MAs) is required for the nuclear transmutation technique. The purpose of our study is development of evaluation method for improvement of nuclear data accuracy in MA isotopes. For the accurate evaluation, it is necessary to find out the reason of the discrepancy in previous data, to development of the accurate analysis method of the resonance parameters. So far, we found out the reason of the discrepancy of the thermal neutron capture cross section in previous measurements, and succeeded the correction. However the discrepancy of the resonance integral was not improved. The energy dependence of the epithermal neutron flux which has been used for the Cd ratio method can be different from the realistic experimental condition. This may be the reason for the discrepancy among the resonance integrals. For the accurate analysis of the resonance parameters, the precise resolution function's parameters are necessary. We are planning to obtain them by using the well-known stable nucleus and will apply them to the analysis of MAs.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2016-004
:
:
ページ数 : p.35 - 39
発行年月 : 2016/09
出版社名 :
発表会議名 : 2015年度核データ研究会
開催年月 : 2015/11
開催都市 : 東海
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : BB20152021
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18343
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This