Theoretical model analysis of $$(d,xn)$$ reactions on beryllium
ベリリウムに対する$$(d,xn)$$反応の理論モデル解析
河野 広*; 渡辺 幸信*; 中山 梓介; 岩本 修; Ye, T.*; 緒方 一介*
Kono, Hiroshi*; Watanabe, Yukinobu*; Nakayama, Shinsuke; Iwamoto, Osamu; Ye, T.*; Ogata, Kazuyuki*
重陽子加速器中性子源の工学的設計のためには、中性子コンバータ(Li, Be, C等)や加速器構造材(Fe, Cr, Ni等)に対する重陽子核データが必要不可欠である。それゆえ、これまでに物理モデルに基づいた重陽子核データ評価用の計算コードシステムを開発してきた。本研究では、重陽子入射エネルギー65MeVまでのベリリウムに対する$$(d,xn)$$反応の解析を行った。厚い標的からの中性子収量(TTNY)は実測データが多くあるため、上記コードシステムで$$(d,xn)$$の二重微分断面積を計算した後、そこからTTNYを求めて実測値と比較をした。TTNYの計算値は低放出エネルギー領域を除いて実測値を概ね再現した。
For engineering design of deuteron accelerator neutron sources, accurate nuclear data of deuteron-induced reactions on neutron converter (Li, Be, C, etc.) and accelerator structure material (Fe, Cr, Ni, etc.) are indispensable. Therefore we have developed a computational code system based on physics models dedicated for deuteron nuclear data evaluation. In the present study, we have analyzed the $$(d,xn)$$ reactions on beryllium at incident deuteron energies up to 65 MeV. Since there is a lot of experimental Thick Target Neutron Yields (TTNYs), double-differential $$(d,xn)$$ cross sections are calculated by the code system and then are converted to TTNYs. It is found that the calculated TTNYs reproduce the experimental ones fairly well except in the low neutron energy region.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2016-004
:
:
ページ数 : p.165 - 170
発行年月 : 2016/09
出版社名 :
発表会議名 : 2015年度核データ研究会
開催年月 : 2015/11
開催都市 : 東海
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : 重陽子; (d,xn)反応; 理論モデル解析
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20151947
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18135
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This