幌延深地層研究センターの350m調査坑道における原位置岩盤の長期変形挙動の計測
Measurement of the deformation behavior of the rock mass in the 350 m gallery in the Horonobe Underground Research Laboratory
櫻井 彰孝; 青柳 和平; 藤田 朝雄; 本島 貴之*
Sakurai, Akitaka; Aoyagi, Kazuhei; Fujita, Tomoo; Motoshima, Takayuki*
高レベル放射性廃棄物の地層処分では、人工バリアおよびその周辺の岩盤領域の環境の明確化の観点から、熱-水理-力学連成現象を長期的に検討し、地層処分システムの安全評価へ反映していく必要がある。また、処分施設では、廃棄体定置後の処分施設の埋戻し後も考慮した長期的な岩盤の安定性が求められるため、原位置岩盤の長期的な力学挙動を検討していくことが重要となる。これらの背景を踏まえ、本報告書では、処分孔周辺岩盤の長期的な力学挙動に関する計測データの取得を目的として、幌延深地層研究センターの350m調査坑道において処分孔を模擬した鉛直孔(テストピット)を無支保で掘削し、テストピット内およびその周辺岩盤の変形挙動を計測し、テストピット掘削に伴う周辺地山への影響や、無支保のテストピット内の長期的な変形挙動の評価に資するためのデータを取得した。なお、本報告書では、テストピットの掘削、地質観察結果、計測器の仕様・設置方法および、平成26年2月から平成27年9月までの計測結果をとりまとめ、巻末付録にデジタルデータを収録した。
In a high level radioactive waste (HLW) disposal project, it is necessary to investigate the long-term behavior of thermos-hydro-mechanical-chemical of the rock mass around the engineered barrier system of the HLW waste for the safety assessment of the disposal system. In addition, long-term stability of the rock mass around the galleries are required for the disposal facility. Considering these backgrounds, the authors measure the deformation behavior of the vertical pit drilled on the floor of the 350 m gallery in the Horonobe Underground Research Laboratory. In situ measurements of the deformation of the pit and rock mass around the pit was conducted to apply to the assessment of the long-term deformation behavior. The authors describe the drilling of the vertical pit, geological observation, specification of the measurement instrument, measurement method, and result of the measurement in this report.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Data/Code 2015-023
ページ数 : 46 Pages
発行年月 : 2016/02
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Deformation; Diatomaceous mudstone; Horonobe URL; In situ measurement
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : DC20150023
抄録集掲載番号 : 44000331
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This