重水臨界実験装置(DCA)平成25年度廃止措置に関する解体実績報告
Deuterium Critical Assembly (DCA) Decommissioning work in 2013
森田 健司; 森本 誠; 久田 雅樹; 福井 康太
Morita, Kenji; Morimoto, Makoto; Hisada, Masaki; Fukui, Yasutaka
重水臨界実験装置(DCA)は昭和44年に初臨界を迎えて以来、数多くの炉物理データの取得により、新型転換炉原型炉「ふげん」及び同実証炉の研究開発に大きく寄与した後、平成13年9月を以てすべての運転を停止した。その後、解体届を平成14年1月(廃止措置計画の認可は平成18年10月)に提出し、廃止措置に移行した。DCAの廃止措置工程は4段階に分類され、施設の本格解体を行う第3段階「原子炉本体等の解体撤去」は、平成20年度に開始し、現在、平成34年度の完了を目指して工事を継続中である。本報では平成25年度に実施した解体実績及び解体に係る各種データ等についての評価取りまとめ結果を報告するものである。
Deuterium Critical Assembly (DCA) achieved first critically in 1969 and used for research and development program of Advanced Thermal Reactor. To achieved the aim of facility, DCA decommissioning work started in 2002. Decommissioning schedule consists of 4 stages. The third stage, which is the main work (To dismantle and remove reactor vessel and main equipment), was started in 2008 and will be finished at 2023. This report describes DCA decommissioning work and data (Ability of cutting tools and Man-hours) in 2013.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2015-037
ページ数 : 28 Pages
発行年月 : 2016/01
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : Deuterium Critical Assembly(DCA)
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20150037
抄録集掲載番号 : 44000167
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This