Local structure analysis of Bi$$_{0.5}$$Na$$_{0.5}$$TiO$$_3$$, Bi$$_{0.5}$$Na$$_{0.4}$$Li$$_{0.1}$$TiO$$_3$$, and 0.95Bi$$_{0.5}$$Na$$_{0.5}$$TiO$$_3$$ $$cdot$$ 0.05BaMn$$_{1/3}$$V$$_{2/3}$$O$$_3$$
Bi$$_{0.5}$$Na$$_{0.5}$$TiO$$_3$$, Bi$$_{0.5}$$Na$$_{0.4}$$Li$$_{0.1}$$TiO$$_3$$, and 0.95Bi$$_{0.5}$$Na$$_{0.5}$$TiO$$_3$$ $$cdot$$ 0.05BaMn$$_{1/3}$$V$$_{2/3}$$O$$_3$$の局所構造解析
米田 安宏; 永本 健留*; 中井 友晃*; 小舟 正文*
Yoneda, Yasuhiro; Nagamoto, Takeru*; Nakai, Tomoaki*; Kobune, Masafumi*
ペロブスカイト型ビスマス化合物のBi$$_{0.5}$$Na$$_{0.5}$$TiO$$_3$$ (BNT)は非鉛圧電体として研究されてきた。詳細な構造解析を行ったところ、低温焼成では菱面体晶構造であるが、焼成温度を上げていくと次第に単射晶構造が安定化する。我々は、焼成温度によって格子が収縮しイオン半径の異なるビスマスとナトリウムの相対的な位置が変化する仮説を提案した。この仮設の検証のためにイオンサイズの異なる元素で置換し、局所構造解析を行った。その結果、我々の仮説で矛盾なく説明できることがわかった。
Bi$$_{0.5}$$Na$$_{0.5}$$TiO$$_3$$ (BNT) has been investigated as a lead-free piezoelectric material. We have already performed structure analysis of BNT. The average structure of BNT with low-temperature synthesis is a rhombohedral structure and it becomes a monoclinic structure as the synthesized temperature increases. Our local structure analysis indicated that the ${it A}$-site atoms of Bi and Na displaced toward different position depending on the lattice expansion and construction. We synthesized BNT crystals with various substitution and performed local structure analysis to examine the hypothesis. The local structure analysis revealed that the substitution effect on BNT can be explained by our hypothesis.
使用言語 : English
掲載資料名 : Transactions of the Materials Research Society of Japan
: 41
: 2
ページ数 : p.197 - 200
発行年月 : 2016/06
出版社名 : 日本MRS出版事務局
発表会議名 : 第25回日本MRS年次大会
開催年月 : 2015/12
開催都市 : 横浜
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : BB20161007
抄録集掲載番号 : 45000056
論文投稿番号 : 18392
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This