「ふげん」原子炉本体解体基本手順の策定
The Development of the basic dismantling procedure of the reactor of FUGEN
岩井 紘基; 中村 保之; 水井 宏之; 佐野 一哉
Iwai, Hiroki; Nakamura, Yasuyuki; Mizui, Hiroyuki; Sano, Kazuya
「ふげん」は、熱出力557MWt、電気出力165MWeの重水減速沸騰軽水冷却圧力管型原子炉である。「ふげん」原子炉本体は、圧力管, カランドリア管, 炉心タンク等から構成される炉心領域と鉄水遮へい体から構成される遮へい領域の2つに分けられる。原子炉本体のうち炉心領域は、約25年間の運転により放射能レベルが比較的高く、圧力管とカランドリア管をそれぞれ224本内蔵する二重管で構成される複雑で狭隘な構造であり、遮へい領域は、原子炉上下部及び側部は厚板部材の遮へい体からなる積層構造となっている。特に炉心領域の解体は、構造材の放射化及びジルコニウム合金を使用していることに留意して、切断時の放射性粉じん等による被ばく低減及び発火防止対策の観点から、水中にて遠隔で解体する計画としている。以上のことを踏まえ、解体時の雰囲気線量を考慮した水位の設定や解体物の物流等を考慮した原子炉上部からの逐次解体を基本とし、炉心領域においては全炉心を上部から順に撤去する手順に加えて、解体で発生する廃棄体の放射能濃度の平坦化を目的とした手順について検討した。これらの解体手順の成立性を検証したところ、炉心領域の構造材位置による放射化量のバラつきや「ふげん」特有材料に由来する放射性核種の平坦化が図れ、物流等が成立することから、炉心を径方向及び軸方向に分割した手順が最も合理的であることが確認でき、これを「ふげん」の原子炉本体解体に係る手順として策定した。
Advanced Thermal Reactor (ATR) FUGEN is a proto-type heavy water moderated, boiling light water cooled, pressure tube-type reactor with the thermal power of 557 MW and the electrical power of 165 MW. The reactor of FUGEN is classified into the core region and the shielding region. The core region is highly activated owing to the long term operation, and characterized by its tube-cluster construction that contains 224 fuel channels arranging both the pressure and the calandria tubes coaxially in each channel closely. And the shielding region surrounding the core region has the laminated structure composed of up to 150 mm thickness of carbon steel. The reactor is planning to be dismantled under water remotely in order to shield the radiation around the core and prevent airborne dust generated by the cutting, and firing of zirconium material. This paper reports on the result of development of the basic dismantling procedure of the reactor of FUGEN.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2015-046
ページ数 : 110 Pages
発行年月 : 2016/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : ふげん; 原子炉; 解体手順
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20150046
抄録集掲載番号 : 44000610
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This