「ふげん」原子炉解体切断工法の選定
The Selection of the cutting technologies for dismantling the FUGEN reactor
中村 保之; 岩井 紘基; 水井 宏之; 佐野 一哉
Nakamura, Yasuyuki; Iwai, Hiroki; Mizui, Hiroyuki; Sano, Kazuya
「ふげん」原子炉本体のうち圧力管、カランドリア管、炉心タンク等から構成される炉心領域は、約25年間の運転により放射能レベルが比較的高いこと、圧力管とカランドリア管をそれぞれ224本内蔵する二重管で構成される複雑で狭隘な構造であり、遮へい領域は、原子炉上下部及び側部は厚板部材からなる積層構造となっている。また、これらは、炭素鋼, ステンレス鋼, ジルコニウム合金, アルミニウム, コンクリート等の多種材料から構成されている。特に炉心領域の解体は、構造材が放射化していることや酸化しやすいジルコニウム合金を使用していることにも留意して、切断時の放射性粉じん等による被ばく低減及び発火防止対策の観点から、水中にて遠隔で解体する計画としている。以上のことを考慮し、コストに大きく影響を与える解体工期の短縮及び二次廃棄物発生量の低減、水中での適用性に加え、「ふげん」の炉心領域に特徴的な狭隘部にも適用可能な切断工法の選定を行った。
FUGEN is 9 m outer-diameter and 7m height, and characterized by its tube-cluster construction that contains 224 fuel channels arranging both the pressure and the calandria tubes coaxially in each channel. And the periphery part of the core has the laminated structure composed of up to 150 mm thickness of carbon steel for radiation shielding. The structure of the reactor, which is made of various materials such as stainless steel, carbon steel, zirconium alloy and aluminum. The reactor is planning to be dismantled under water in order to shield the radiation ray around the core and prevent airborne dust generated by the cutting, the temporary pool structure and the remote-operated dismantling machines needs to be installed on the top of reactor. In consideration of above the structure of Fugen reactor, the cutting method was selected for dismantling the reactor core in order to shorten the dismantling term and reduce the secondary waste.
使用言語 : Japanese
報告書番号 : JAEA-Technology 2015-045
ページ数 : 137 Pages
発行年月 : 2016/03
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : ふげん; 切断工法; 原子炉解体; レーザ; プラズマアーク; AWJ; ワイヤーソー
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 :
 
登録番号 : TN20150045
抄録集掲載番号 : 44000609
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This