Accurate measurements of $$gamma$$-ray emission probabilities
$$gamma$$線放出率の高精度測定
寺田 和司; 中村 詔司; 木村 敦; 中尾 太郎; 原田 秀郎 ; 片渕 竜也*; 井頭 政之*; 堀 順一*
Terada, Kazushi; Nakamura, Shoji; Kimura, Atsushi; Nakao, Taro; Harada, Hideo; Katabuchi, Tatsuya*; Igashira, Masayuki*; Hori, Junichi*
マイナーアクチニドの中性子捕獲断面積の高精度化のためには、系統誤差に係ってくるサンプル量を高精度で決定することが重要である。原子力システム研究開発事業「マイナーアクチニドの中性子核データ精度向上に係る研究開発」の一環として、$$^{241,243}$$Am, $$^{237,239}$$Np及び$$^{233}$$Paの$$gamma$$線放出率の高精度測定を実施した。試料の放射能はアルファ線測定によって決定し、試料から放出される$$gamma$$線をプレナ型Ge検出器で測定した。Ge検出器の検出効率は、標準$$gamma$$線源の測定とPHITSを用いた$$gamma$$線のモンテカルロシミュレーションを組み合わせて決定した。最終的に、これらの核種の$$gamma$$線放出率を2%以内の精度で得ることができた。
To obtain accurate cross section data, precise determination of the sample mass used in TOF measurements is essential, because uncertainties due to the sample mass are directly propagated to those of measured cross sections over the entire neutron energy region. Therefore, $$gamma$$-ray emission probabilities of $$^{241,243}$$Am, $$^{237,239}$$Np and $$^{233}$$Pa have been precisely measured with gamma- and alpha-ray spectroscopic methods. The activities of the samples were determined by measuring alpha particles using a Si semiconductor detector. $$gamma$$-rays emitted from the samples were measured with a planar type High-Purity Germanium (HPGe) detector. An efficiency curve of the Ge detector was derived by combining measured efficiencies and Monte Carlo simulation. The $$gamma$$-ray emission probabilities for the major $$gamma$$-rays of these nuclides were determined with uncertainties less than 2%.
使用言語 : English
掲載資料名 : JAEA-Conf 2016-004
:
:
ページ数 : p.21 - 25
発行年月 : 2016/09
出版社名 :
発表会議名 : 2015年度核データ研究会
開催年月 : 2015/11
開催都市 : 東海
開催国 : 日本
特許データ :
PDF :
論文URL :
キーワード : no keyword
使用施設 :
広報プレスリリース :
論文解説記事
(成果普及情報誌)
:
受委託・共同研究相手機関 : 文部科学省
 
登録番号 : BB20152196
抄録集掲載番号 :
論文投稿番号 : 18342
Accesses  (From Jun. 2, 2014)
- Accesses
Altmetrics
Add This